焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 診療部門のご案内 > 診療技術部 > 薬剤科

診療部門のご案内

診療技術部

 

薬剤科

開局薬剤師の皆様へ  
 患者様への十分な服薬指導や薬歴管理による安全性確保など、患者サービスの向上を目的に院外処方を行なっています。
 そして、安全で安心な調剤を目指して、研修会を地元薬剤師会と協力して開催してきました。その研修会で説明した情報を掲載しています。

簡易懸濁法について
錠剤が服用できない患者様に対し、簡易懸濁法のシステムを導入しています。
下記の当院マニュアルを参考に、調剤や患者指導にご利用ください。
化学療法について

化学療法  保険薬局での薬歴管理による安全性向上を目的に、当院で外来化学療法を受けている患者様のお薬手帳には、注射内容等の情報を記載しています。
 調剤や服薬指導上必要となる当院化学療法プロトコール集の請求につきましては、焼津市薬剤師会を通じ連絡をお願いします。
 











ハイリスク薬調剤時の安全確保対応
 ハイリスク薬(抗悪性腫瘍剤、糖尿病薬、ジギタリス製剤、ワーファリン)には、処方箋薬品名の頭に「★」印を表示しています。
 医師は、ハイリスク薬を初めて処方する場合、「初回投与」のコメントを入力します。
 保険薬局は、初めて調剤するにも関わらずこのコメントが無い場合には、疑義照会をお願いいたします。



自動車の運転等危険を伴う作業について注意喚起が求められる医薬品への対応
 医薬品を使用することにより、自動車の運転、機械の操作、高所作業等危険を伴う作業(以下、自動車運転等)に従事している最中に、意識レベル低下、意識消失、失神、突発性睡眠等の副作用が発現した場合は、第三者に対しても危害を及ぼす可能性があり特段の注意が求められています。
 そこで、当院においても別添のとおり、添付文書での自動車運転等に関する記載内容に応じて分類・一覧表を作成しましたので、これらの分類に応じた服薬指導をお願いいたします。



患者指導箋(当院作成)


疑義照会について
 処方内容及び患者情報について問い合わせが必要な場合は、時間帯により以下の方法で疑義照会を行ってください。
◆平日8時30分〜17時00分
 「焼津市立総合病院 処方内容・患者情報 問い合わせ票」にてファックスコーナーへFAX送信してください。
 ・ファックスコーナー FAX:054-656-2515
            TEL:054-656-2511

◆平日時間外(17時00分〜)及び土・日曜日・祝日
 薬剤科へFAX送信後、FAXした旨を電話で連絡してください。
 ・薬剤科 FAX:054-623-6335
      TEL:054-623-3111(代表) → 薬剤科呼び出し


調剤過誤報告について
 調剤過誤報告は、以下の方法で受け付けております。
◆平日8時30分〜17時00分
 「焼津市立総合病院 院外処方せん 調剤過誤報告書」にてファックスコーナーへFAX送信してください。
 ・ファックスコーナー FAX:054-656-2515
            TEL:054-656-2511

※上記以外の時間帯は、翌日以降(平日8時30分〜17時00分)ファックスコーナーへFAX送信してください。
 なお、調剤過誤の詳細内容を確認するため、当院薬剤科よりお電話を差し上げる場合がございます。


薬局薬剤師提案型の在宅患者訪問薬剤管理指導(居宅療養管理指導)について
 薬剤師による訪問薬剤管理の必要性がある患者に対して、医師から訪問指示を取得する場合は以下に添付した書類の手順(在宅患者訪問薬剤管理指導(居宅療養管理指導 )の流れについて)に沿ってご提案ください。書式は決められたものを使用するようにお願いいたします。

透析患者さまへの服薬指導依頼の流れについて
 これまで当院薬剤師が行っていた透析室での薬剤管理業務のうち、患者さまへの服薬指導に関する業務を院外薬局の薬剤師が対応するよう変更いたしました。
 つきましては、以下の手順(透析患者さまへの服薬指導依頼書の運用)の通り服薬指導依頼書を発行いたしますので、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。
透析患者さまへの服薬指導依頼書の運用


ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図