焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 医療関係の皆さまへ > 病診連携について

医療関係の皆さまへ

地域医療連携室だより

地域医療連携室だより 2015年11月号 VOL.10

栄養科の紹介                    科長 平野 恭子

 栄養科は管理栄養士6名、栄養士1名、調理師25名が勤務しております。
 衛生的で安全で美味しいお食事を毎日心を込めて提供しています。治療上特別な制限がない一般食や、治療食などを含めますと病院の食事の種類は200以上あり、病状や体調を考慮した栄養バランスのよいお食事を毎回約300食提供しております。また栄養食事指導を予約制で実施しております。
【入院食の提供】
<食事の種類>
一般食(常食・粥食・分粥食・流動食)
治療食(糖尿食・減塩食・低脂肪食・腎臓食・潰瘍食・術後食・検査食他)
<季 節 膳>
旬の食材を使用したご馳走献立。当院ホームページに掲載中です。
<地産 地消>
魚のすり身を使用した揚げ物や煮物。海洋深層水で作る手作り豆腐などは好評です。
<個別の対応>
入院生活は治療の痛み、便秘や下痢・不眠、病気に対する不安などから食思不振を訴える方が大勢いらしゃいます。そのため、病態別の指示以外にも飲み込みや噛みやすさなどを考慮した対応で提供しております。
また宗教上の理由や食物アレルギー等の対応も致しております。
<料理レシピ>
「やきつべ減塩長寿食レシピ」というタイトルで現在45品目(秋茄子の揚げびたし)が最新アップ中です。すべて当院の病院食をホームページで公開しています。



季節膳「えびす講膳」
【入院患者の栄養管理・NSTとは?】
 Nutrition(栄養)Support(サポート)Team(チーム)の頭文字をとったものです。
 医師、管理栄養士、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、医事課職員などの医療スタッフが、共同で栄養状態をチェック・評価し適切な栄養管理を支援するチームです。毎週NST回診を行い栄養状態の改善に努めています。
 NST委員会主催のNST公開セミナーも開催致しておりますので皆様のご参加をお待ちしております。

【栄養食事指導】
集団指導:糖尿病教室を第2水曜日の午後開催しております。基礎編と応用編の2回受講をお勧めしています。
個別指導:入院・外来の患者さんを対象に医師の指示により実施しています。
       月曜日から金曜日(土・日・祝以外)月曜日と水曜日は午前のみ
指導担当:
 曜 日 月  火  水  木  金 
 担当管理栄養士  田村 野田  田村  松尾  平野 

【地域医療連携―栄養食事指導の状況】
・焼津市CKD連携委員会専用紹介状にて御紹介いただいた患者さんに診察後の個別栄養指導を実施しております。
 状況に応じては複数回指導になる場合もございますが責任を持って食生活の改善をご提案・ご支援致します。
・糖尿病性腎症専門外来の、早期糖尿病性腎症病診連携システム(YES−I−DO)では、専門医の診療を受けるときからスタッフも同席し、
 多職種(看護師・管理栄養士・臨床検査技師・薬剤師)で効果的な療養指導を行っております。(担当管理栄養士は平野と藤田です。)

 今回は栄養科の概要につきましてご紹介させていただきました。食べることはすべての方にとって非常に重要な事です。栄養科ではさまざまな工夫を凝らして美味しい食事と正しい情報の提供に努めて参ります。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 
1. はじめに
 当院の生理検査室は、総勢11名のスタッフ(臨床検査技師 9名 診療放射線技師 1名 受付 1名)で運営されています。
 その中で7名のスタッフが、超音波検査に携わっています。この7名は技師の国家資格とは別に、超音波検査士の資格も有した専門集団であります。その全員が複数領域の検査資格を有していますので、開業医の先生方からのご依頼内容に対しまして、必ずやご満足いただけるものと確信しています。安心してご依頼ください。
 また、技師10名中、7名は女性技師が活躍しています。女性技師ご希望の患者様にも柔軟に対応しています。検査前にご指示いただければ、対応させて頂いています。

2.平成26年度検査実績
 循環生理領域  件数  神経生理領域 件数 
 心電図 11,463   脳波 726 
 負荷心電図 229   筋電図 23 
 ホルター心電図 687   神経伝導速度 143 
 トレッドミル 53   聴性脳幹反応 25 
 心臓超音波 3,648   新生児簡易聴力 574 
 頚動脈超音波 940   睡眠時無呼吸 113 
 下肢超音波 767   排尿機能検査 40 
 ABI/PWV 560      
      その他主要検査  
 呼吸生理領域    腹部超音波 7,749 
 肺活量 3,018   甲状腺超音波 996 
 機能的残気量・CV 14   乳腺超音波 2,288 
 肺拡散能力 44   サーモグラフィー
    生理検査室では、高額医療機器共同利用検査以外にも様々な検査を実施しています。
    前表より、豊富な実績がご確認できると思います。

3.高額医療機器共同利用検査実施曜日のご案内
 
午前 腹部エコー
脳波
腹部エコー
脳波
腹部エコー
体表エコー
(乳腺除く)
脳波
腹部エコー
体表エコー
(乳腺除く)
脳波
腹部エコー
脳波
午後 心臓エコー
血管エコー
乳腺エコー
肺機能検査
ABI/PWV
脳波
心臓エコー
血管エコー
乳腺エコー
肺機能検査
ABI/PWV
サーモグラフィー
脳波
神経伝導速度
心臓エコー
血管エコー
乳腺エコー
肺機能検査
ABI/PWV
サーモグラフィー
脳波
神経伝導速度
心臓エコー
血管エコー
乳腺エコー
肺機能検査
ABI/PWV
サーモグラフィー
脳波
神経伝導速度
心臓エコー
血管エコー
乳腺エコー
肺機能検査
ABI/PWV
脳波
    検査にはご予約が必要です。地域医療連携室を通じてご予約ください。

4.乳腺自動超音波検査のご案内

 一昨年、静岡県では数台しかない乳腺自動超音波診断装置 ABVSを導入しました。
 これは機械で乳房を固定し、自動でスキャンします。これを数方向からスキャンし、コンピューターにて処理をします。乳房内の腫瘍の位置関係が簡潔明瞭に確認できる最先端の機械です。患者様1人あたりの検査時間は15〜20分程度です。検査は女性技師が行いますので、安心して下さい。

 長所は乳房を圧迫することで、一度に広範囲の画像データを自動で取得できます。一回のスキャンは1分間と短時間で可能です。全ての画像データが保存されるので、後から何度でも見返すことができ、再現性が高いと言えます。当院で繰り返し検査を行えば、前回画像と比較しながら、気になる部位の経時的変化の有無を読影できるので、癌を疑わせる病変を拾い上げるのも容易になります。
 3方向からの断面を確認しながら読影ができるので、病変の立体的構築をイメージすることが容易になり、小さな疾患や異常を見逃す可能性が低減します。


医師異動のお知らせ 

   日ごろからご支援、ご指導いただきありがとうございます。
   医師の異動がありましたのでお知らせいたします。
 
   ◆9月30日 退職医師  整形外科 竹田 悟宇、八木喬、宇川聖美
   ◆10月1日 赴任医師  整形外科 村上 亮、徳山 周、荒井 翔、産婦人科 中里 紀彦
 

研修会開催のお知らせ 

 第3回 臨床病理検討会(CPC)
 日時  平成28年1月8日(金)午後6時30分から
 場所  焼津市立総合病院 C棟3階 講義室


ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図