焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 医療関係の皆さまへ > 病診連携について

医療関係の皆さまへ

地域医療連携室だより

地域医療連携室だより 2019年2月号 VOL.26

小児科の診療について                    小児科 科長 清水 信隆

【当科の診療】
1.診療体制
 小児科長の清水、発達小児科長の増井をはじめ、東京大学小児科医局からの医師、静岡県立こども病院小児科専攻医を加えて、現在9名の体制で診療を行っております。病棟は小児一般病床28床、NICU(新生児集中治療室)8床、GCU(NICUの後方病床)6床を要しております。最近はNICU,GCUは常に満床に近い状態となっています。

2.小児救急診療
 焼津市医師会の先生方と院内各科の協力を得て、夜間、休日を含めて24時間小児救急診療を行っております。基本的には二次救急医療機関ですが、一次救急から三次救急の初療まで対応しております。NICU当直として24時間小児科医が院内におりますが、決まった時間帯は別に小児科医を配置して一次診療を行っております。それ以外の時間帯の一次診療は各科の先生に対応していただき、NICU当直医がバックアップしております。もちろん、ご紹介患者様や救急対応などは、時間帯にかかわらず小児科医が最初から対応しております。
 なお、内科疾患以外の切創、頭部外傷、骨折などの外傷などは、外科系各科で診療していただいております。

3.小児慢性疾患
 専門診療のうち、神経外来は帝京大学小児科教授の三牧正和先生、心臓外来は県立こども病院循環器科長の田中靖彦先生にお願いしております。他、喘息外来、川崎病外来、療育支援外来を行っています。
 食物アレルギーは、食物負荷試験を含めて対応しています。経口減感作療法は行っておりません。悪性腫瘍、複雑心奇形などの専門性の高い疾患や、院内で対応困難な外科的疾患などは、県立こども病院などにお願いしております。

4.新生児・未熟児医療
 昨今の周産期医療の状況に違わず、当地域でもハイリスク妊婦の数が増え、当院産婦人科でも多くの分娩を扱っています。当科では在胎30週以降を対象にNICU、GCUで対応しています。より未熟な20週台の早産児、心疾患、外科疾患の児は、県立こども病院などにお願いしております。また、近隣の産科医院への新生児迎え搬送も対応しております。

5.障害児療育支援
 伝統的に力を入れている分野で、発達遅滞の児や自閉症スペクトラム障害、ADHDなどの発達障害児の療育には、増井を中心に院内の言語療法室、小児リハビリ、心理相談室と協力して取り組んでおります。ただ、ニーズが非常に多く、すべて対応できていないのが現状です。


【地域医療連携】
1. ご紹介
 慢性疾患のご紹介につきましては、地域連携室を通してのご予約をお願いいたします。ご紹介の内容によっては、適切な担当医の曜日の受診をお勧めしますので、お問い合わせ頂ければと思います。専門外来への直接のご紹介はお受けしておりませんので、一般外来へのご紹介をお願いします。
 予約なしでも当日のご紹介は夜間、休日含めて24時間対応いたします。平日午前中11時30分までは小児科一般外来で、それ以外の時間帯は救急外来で対応いたします。意識障害、高度の呼吸障害など、緊急を要する疾患はもちろん救急外来で対応いたしますが、予めご連絡をお願いいたします。
 
 小児注射イラスト
2. 広域地域医療連携
 地域中核病院として、焼津市以外の地域(志太榛原地域の市町、菊川市、御前崎市など)の小児救急の事例に関しましては、直接当院受診を指示していただいても構いません。

【最後に】
 今後も地域の患者様のお役に立てる医療を提供できるよう、先生方と今まで同様、よい連携をしながら診療していきたいと思います。今後ともご協力、ご指導の程よろしくお願い申し上げます。



呼吸器内科の診療について                  呼吸器内科 科長  菅沼 秀基

 しばらくの間、当院での呼吸器内科診療は非常勤医師による週2回の外来診療のみでしたが、2018年4月より当院に赴任させていただき常勤医1人の体制で呼吸器内科診療を行っています。1人体制で十分な診療はできないのですが、少しでも当院での診療に役立つことができるように努めます。

 まず私の略歴を紹介させていただきます。私は浜松医科大学を1988年に卒業し医師となり、浜松医科大学附属病院での1年の研修の後、共立榛原総合病院(当時)に3年間勤務しました。その後浜松医科大学に戻り2年間学位にかかわる研究などをした後、4年間藤枝市立総合病院、次に約20年間島田市民病院に勤務しました。志太榛原地域における呼吸器内科の変遷をみてきたことになります。
呼吸器内科菅沼医師
 30年前は当地域の呼吸器内科は焼津・藤枝・島田・榛原の各総合病院にそれぞれ3から4人の常勤医がいて各病院バランスのとれた診療ができていましたが、次第に医師の分布が偏るようになり、呼吸器内科医師が限られた病院に集中するようになりました。7年ほど前までは島田市民病院に呼吸器内科医師が集中していましたが、諸事情で現在は藤枝市立総合病院に呼吸器内科医師が集中しています。従って、今のところ志太榛原地域で充実した呼吸器内科診療がうけられるのは藤枝市立総合病院であり、専門的精査が必要な例・難治例・重症例・急な対応が必要な例は藤枝市立総合病院呼吸器内科へご相談いただきますようにお願いいたします。
 さて、今の当院呼吸器内科でできることをお話しします。基本的には外来での診療が中心です。ご紹介していただく場合も外来でみられそうな患者さん、予約診療でOKである患者さんをお願いしたいと存じます。肺炎など直ちに入院が必要な場合は救急・内科系各科での入院対応となる場合が多く、担当医師が対応に困った際に相談させていただくということになります。肺炎の次に多い疾患は肺癌ですが、肺癌は外科の先生に治療をお願いしています。肺癌が明らかであれば外科へのご紹介をお願いいたします。特殊な検査として気管支鏡検査がありますが、必要な場合は外科の先生に助けていただきながら行っています。
 ただし、近年普及しています超音波内視鏡の設備は当院にはありません。超音波ガイド下の縦隔リンパ節針生検などは対応が可能な病院へお願いしていただきたいと存じます。
 今のところ限られた診療ではありますが、他科の先生方にもご協力していただき、細々とでも呼吸器内科診療を続けていきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。
レントゲンイラスト



医師異動のお知らせ

 日ごろからご支援、ご指導いただきありがとうございます。医師の異動がありましたのでお知らせいたします。

■平成30年12月31日 退職医師

 形成外科  溪 智司

■平成31年1月31日 退職医師
 耳鼻咽喉科 石田 航太郎


■平成31年1月16日 新任医師

 産婦人科  芦川 すが

■平成31年2月1日 新任医師
 耳鼻咽喉科 渡邉 尚喜
 梅の花イラスト


研修会開催のお知らせ

「平成30年度 透析関連学習会」
   内容:「透析患者における血圧管理」 講師:腎臓内科 三谷秀平 医師
      「透析患者の血圧管理に伴う看護師の役割」
                     講師:透析認定看護師 西尾友理子
   日時:平成31年2月21日(木) 午後6時30分〜7時30分
   会場:焼津市立総合病院 C棟3階 講義室          
    
研修会イラスト
「焼津内科症例検討会」
  
 内容:「一ヶ月治らなかった難治性口内炎を呈した52歳男性」
   座長:総合診療内科 池谷直樹 医師
   症例提示:初期研修医 川上俊成
   日時:平成31年2月27日(水) 午後6時30分〜
   会場:焼津市立総合病院 C棟3階 講義室
〔問い合わせ〕
地域医療連携室
TEL 054-623-3111(代表)


ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図