焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > その他のご案内 > 医学生の方へ > 臨床研修のご案内

その他のご案内

医学生の方へ


先輩研修医のメッセージ

 当院にて研修をされた、臨床研修医の皆さんからの感想をいただきました。

平成30年度
平成30年度 研修医 T.K   

手術室の様子




有意義な研修で実践力がついた

Q:焼津市立総合病院を選択した理由を教えてください
 友人が二週間当院の病院見学に来ており、その際にすごいいいところだったと薦められたから。


Q:焼津市立総合病院を選んで良かったと思うことは?
 大学病院のように病床数が多すぎず、事務作業に忙殺されない。かといって小さすぎることもなく地方の中核病院であり、コモンな症例はまんべんなく経験できた。


Q:勉強やカンファレンスは充実していますか?
 研修医が躓くケースや分野について個別に専門の先生からレクチャーを受けることができ、また要望があればフレキシブルに調整しその都度開催してもらえるので助かっている。


Q:いろいろな手技は学べましたか?
 採血やルートの確保といった基本的な手技から手術の執刀まで、個人の力量や希望に沿って早期から実際に自分の手を使って学べた。


Q:有意義な臨床研修を送るためには何が必要でしょうか?
 自ら学びたい、実際にやりたいという意欲とそれをアピールすること。良くも悪くも研修医主体の研修が出来るので、これがないと怠惰な研修になってしまう。
 

Q:医療スタッフを含めた病院職員とのおつきあいはどうでしたか?
 仕事上ではもちろん、プライベートでも飲み会やフットサル、サーフィンや釣り、BBQなど様々な場面で優しく接していただき、ありがたかった。


Q:将来の焼津市立総合病院の研修医の皆さんにアドバイスをお願いします
 研修医次第で良い研修にも悪い研修にもなり得るので、自分次第。こちらの欲があれば十二分にその要望に応えてもらえるので、日々のやりたいことや学びたいこと、目標を明確にしながら研修を送るとよい。


Q:救急はどんな感じ?
 ウォークインから救急車の対応までファーストタッチができ、診察・検査・治療と一連の流れを自分自身で考え実践でき、実戦的な力がつく。かといってほったらかしではなく、適宜後ろでチェックが入り、間違っていたらその都度修正してもらえて、疑問にも答えてもらえる。なにより自分で診療しているという実感が得られ、働き始めはとくにやりがいになる。


Q:大学病院や他院での研修との違いは?
 金魚の糞的な研修ではなく、自主的に研修医にやらせて、その都度修正・アドバイスしてもらえるバックアップサポート型の研修であり無駄な時間が発生しにくく、有意義な時間が過ごせる。


Q:救急室の雰囲気は?
 看護師さん、上級医ともに非常にやさしく、教育的なので雰囲気は抜群に良いと思う。かといってだらけることなく、オン・オフをはっきりさせ業務にも集中できる。


Q:ぶっちゃけ忙しい?辛い?
 同期や他院の話を聞いていると決して忙しすぎることはない。
 その分余裕も生まれ、プラスアルファの勉強や練習に当てられる。(休みたければ休憩もできる)


Q:最後にひとこと
 もうすぐ二年間の研修を終えようとしている今、見ず知らずの環境を自分で選択し飛び込んだことは非常に勇気が必要だったが、ここを選んだことに一片の悔いもない。

ページの先頭に戻る
平成30年度 研修医  T.K

研修風景




満足のいく研修が受けられた

Q:焼津市立総合病院を選択した理由を教えてください
 特定の大学の関連病院色が強くなく、誰でも受け入れてくれそうだったことと、見学に行った病院の中で圧倒的に雰囲気が良かったこと。また、手技も多くできると聞いたから。


Q:焼津市立総合病院を選んで良かったと思うことは?
 指導医の先生方はどなたも非常に教育的で、スタッフの方々もとても親切。習得できる手技も多い。救急当番では初期研修医として学ぶべきコモン症例から重症例まで様々な症例の初期対応を求められる。研修環境としてこれ以上はないのでは?


Q:勉強やカンファレンスは充実していますか?
 定期的に開催されるCPC、外科・内科の症例検討会、救急の振り返り、ケースカンファレンスなど必要十分。 気になる症例は先生方に直接学ぶこともできる。


Q:いろいろな手技は学べましたか?
 上述の通り。基本的な手技は病棟業務や救急当番、勉強会などで自然と身につく。やる気を見せれば執刀もさせてもらえる。


Q:有意義な臨床研修を送るためには何が必要でしょうか?
 良い人間関係を構築すること。目標を決めること。休みの時は思い切り休むこと。自分の時間は十分にあると思います。


Q:医療スタッフを含めた病院職員とのおつきあいはどうでしたか?
 どなたもとにかく温かい。人間関係で困ったことはありません。


Q:将来の焼津市立総合病院の研修医の皆さんにアドバイスをお願いします
 所謂有名病院の類いではありませんが、初期研修先としては決して他の病院に見劣りはしません。経験できる症例も必要十分です。
 特に将来外科系を志望する研修医にはうってつけの環境だと思います。


Q:救急はどんな感じ?
 症例はそれなりに多い。研修医の裁量に任される部分も多い。きちんと取り組めば自然に力がつきます。


Q:大学病院や他院での研修との違いは?
 大学病院や他院をよく知らないので何とも言えませんが、自らの手を動かす機会は多いと思います。


Q:救急室の雰囲気は?
 良い。まじめにやっていればそうそう叱責されることはないでしょう。


Q:ぶっちゃけ忙しい?辛い?
 忙しいときは忙しいし、忙しくないときは忙しくない。減り張りがある。
 忙しくなりそうなときは何となく予測できます。
 個人的に自分の時間を確保できなくて辛いと思ったことは一度もありません。


Q:最後にひとこと
 大変満足のいく2年間でした。
 特に手を動かすのが好きな方は是非当院で研修を。見学なども大歓迎です。


平成30年度 研修医  R.I

平成30年度先輩研修医






多彩な内容の勉強会や救急での実践研修ができる

Q:勉強やカンファレンスは充実していますか?
 講義は豊富で、多彩な内容を勉強する機会があります。ケースカンファレンスという研修医同士の勉強会も含め院内発表も5回以上行い、学会発表も3回行いました。意欲のある人はどこまででも学べる環境ではないかと思います。

Q:救急はどんな感じ?
 1年目は月に6−8回程度の準夜勤/日直を、2年目になると月に4-5回の当直を皆こなしています。
 当院の救急は二次救急ながら地域の方が皆来られるので甘くはないですが、入職時にはスーパーバイザー制度で先輩医師からしっかり指導してもらえるので徐々になれていくことが出来ます。

Q:救急室の雰囲気は?
 目が回るほど忙しい瞬間もありますが、看護師さんの優しさは他院と比較しても随一ではないかと思います。

Q:最後にひとこと
 縁もゆかりも無い土地でしたが、院内の風通しのよさと先輩医師やコメディカルの方々が大変優しく、2年間最高の研修生活だったと思います。
 研修先に迷われている方は、是非一度見学してみると良いのではないでしょうか。

平成30年度 研修医  S.T

平成30 年度の研修の様子







研修の自由度の高さが魅力
Q:焼津市立総合病院を選択した理由を教えてください
 自分は神経内科志望なので、1年目の内科・外科・救急の研修の中で神経内科と脳外科を両方ともローテートしたいと考えていました。東大のたすき掛け病院の中でそのような病院は意外と少数で、自分の将来目標から逆算して1年目の研修を考えたときに、当院は自分の希望に沿った充実した研修をさせて頂けそうだと考えました。また、1年目の早期から救急のファーストタッチを経験できるのも魅力でした。今後どの科に進むに際しても、救急の初期対応は避けて通れません。1年目のうちに豊富な症例を経験し自信をつけておきたいと考え当院を希望させて頂きました。

Q:焼津市立総合病院を選んで良かったと思うことは?
 「研修の自由度の高さ」が魅力だと思います。当院の研修は、救急当番にて豊富な症例を経験できる一方で、dutyにより忙殺されてしまうこともありません。その分、自分の将来を見据えて目標を立て、研修の重点を個々に設定することが可能です。例えば、内科ローテートのすきま時間には救急室に赴き診察をしたり、手技を経験させて頂いたりもできます。また私は腰痛穿刺を多く練習したかったので、腰椎穿刺の機会があれば呼んで頂いたり、麻酔科で腰椎麻酔の手術に多く入らせて頂いたりなど、フレキシブルな研修が可能です。また夜間の緊急対応なども希望して経験することができますし、空き時間に手術や内視鏡を見に行くこともできます。自分の経験症例について、文献と照らし合わせながらじっくりと考察することも可能です。
 また市中病院でありながら、症例発表など学際的なことに取り組める点も魅力だと感じます。毎週のケースカンファレンスや内科/外科症例検討会など院内のイベントから、内科/外科学会や総合診療学会など院外のものまで、経験症例をもとに文献を考察しプレゼンをする機会は、将来的に研究も視野に入れている自分にとって大変貴重な経験となりました。
 また何より、研修同期・先輩医師・スタッフの方々に本当に恵まれているというが何よりの魅力です。指導医の先生方は教育熱心な方ばかりで毎日学び取ることばかりですし、優秀なコメディカルの方々に毎日助けられてばかりです。辛いときに一緒に頑張れる個性豊かな同期もおりますし、総合研修指導室の方々が本当に親身になって研修のサポートをして下さいます。私自身様々な病院を見学しましたが、当院ほど「人」に恵まれている研修病院は無いと思います。

Q:大学病院や他院での研修との違いは?
 上記のような研修の自由度の高さと、研修医に任せて頂けることの多さが大学病院研修とは決定的に違う点だと思います。研修医が任せてもらえる手技・判断が多い一方、上級医のフォローも手厚く、研修医が放置されずに「守られた」立場であるのも当院の魅力です。

Q:最後にひとこと
 私自身、焼津に研修に来て本当に良かったと感じていますし、当院での研修を自信を持ってお勧めできます。基幹型で2年間考えている方にとっても、大学でのたすき掛けで当院を考えている方にとっても、充実した楽しい研修生活になるはずです。是非とも当院での研修を御一考いただけますと幸いです。
平成30年度 研修医  D.N

平成30年度研修の様子






指導体制と福利厚生が充実している

 私は、浜松医科大学の研修プログラムの一環として、1年目に焼津市立総合病院で研修させていただきました。
 当院は、焼津市一帯を担う中核病院で、救急外来には日夜様々な患者様が搬送されてきます。そして、救急外来の中心は研修医であり、経験豊富な上級医の先生方の指導のもと、あらゆる疾患に対して適切な対応を学ぶことができるシステムとなっています。
 また、各診療科の研修では、指導医の先生と2人一組でペアを組み、入院患者の診療に当たる指導体制となっています。そのため、指導医の先生方と近しい距離で入院診療のテクニックを教えていただき、信頼を得るごとに様々な手技や意志決定を任せてもらえるようになります。
 私は入院診療・救急診療ともに自分の実力が日々レベルアップしていくことを実感できました。
 また、当院の研修は、福利厚生も充実しています。5日の夏期休暇と10日の有給休暇が設定されていて、忙しい研修の合間にも、リフレッシュの時間がしっかりと確保できます。また、給与面においても「勉強したいのに、お金が無くて教科書が変えない」といった悩みとは無縁です。臨床研修指導室の方々は親見になって研修医の面倒をみてくれます。たすき掛けプログラムで研修を考えている学生の皆さん、医師としての最初の一歩を焼津で過ごしてみてはいかがでしょうか。


ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図