焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 診療部門のご案内 > 看護部 > 2年目看護師からのメッセージ

診療部門のご案内

看護部


2年目看護師からのメッセージ (令和2年度)

3A病棟勤務 金原 汐里さん (静岡県立大学大学院 助産学分野2019年卒)
Q.職場での自分の仕事の様子を教えてください
2年目先輩看護師からのメッセージ  私が働いている3A病棟は、産婦人科病棟です。婦人科疾患の手術を受ける患者さんや、切迫早産などの入院の必要な妊婦さん、出産した褥婦さんと赤ちゃんが入院しています。
 手術前後の患者さんの観察、出産の介助や赤ちゃんのお世話、授乳の介助を行っています。助産師として、お産に関わることは緊張感もありますが、とてもやりがいを感じています。
Q.新人の1年間の看護師生活の中で一番うれしかったことは何ですか
 婦人科手術後に不眠を訴える患者さん対し、思いを傾聴し、睡眠を促すケアを提案しました。退院時、その患者さんから「あなたのおかげで安心できました」との言葉を頂きました。
 新人として、業務をこなすことに精一杯であった私自身が、はじめて患者さんのためにできることを考え行動した場面であったため、とても嬉しかったです。
2年目先輩看護師からのメッセージ
Q.今後の抱負を教えてください
 同じ疾患や同じ手術でも、患者さんの感じ方や思いは様々だと感じています。その思いに寄り添い、患者さんの立場になって考えて関わっていけるようにしていきたいです。  
 2年目としてさらに責任感をもち、安心していただけるような看護を提供していきたいと思います。
2年目先輩看護師からのメッセージ



5C病棟勤務 堂森 由希子さん (静岡県中部看護専門学校2019年卒)
Q.職場での自分の仕事の様子を教えてください
2年目先輩看護師からのメッセージ  私の所属している病棟は、神経内科、消化器内科、血液内科と3つの科の混合病棟です。患者さんの年齢、ADLも疾患により異なります。
 様々な治療が行われるため、覚えることも多くありますが、先輩にアドバイスをもらいながら楽しく仕事をしています。 
Q.新人の1年間の看護師生活の中で一番うれしかったことは何ですか
 自分の受け持ち患者さんが手術を控えていましたが、急遽延期になってしまい本人、家族がとても悲しそうにしていた時期がありました。その時、患者さんや家族の思いを丁寧に聞くよう心がけ、また医師にも患者家族の思いを伝えていきました。
 無事手術が行える状況になった時、家族の方から「ありがとう、患者の話を聞くだけじゃなくて私たち家族の話も聞いてくれて嬉しかった」と言ってもらいました。新人の自分にも出来ることがあると自信にもなり、とても嬉しく思いました。
 2年目先輩看護師からのメッセージ
Q.今後の抱負を教えてください
 入所1年目は、自分の出来なさに悔しくて泣いていたこともありましたが「明るく元気に楽しく」をモットーに働いてきました。辞めたいとは思ったことはありません。患者さんからの感謝の言葉、先輩からの励ましやアドバイス、同期との何気ない会話のおかげで頑張っています。
 今後も変わらず、明るく楽しく元気に働き、患者さん、家族の希望に添いながら、温かみのある看護を提供できるようにしていきたいです。
2年目先輩看護師からのメッセージ

ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図