焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 来院される皆さまへ > 健康診断のご案内 > 肺がんCT検診のご案内

来院される皆さまへ

人間ドック・健康診断のご案内

肺がん低被ばくCT検診のご案内 

より小さな病変を検出できる肺がん低被ばくCT検診
 日本人のがん患者の中で肺がんによる死亡者数は年間約7万人(2011年)で、第1位です。現在、肺がん検診としては、胸部エックス線検査、または胸部エックス線検査+喀痰(かくたん)細胞診の組み合わせが幅広く行われていますが、早期のがんを発見するのはなかなか難しいのが現状です。そのため、より小さな病変を検出することができるCT検査を利用した肺がんCT検診をお勧めいたします。

 日本CT検診学会の昨年度の集計では、全国で約11万1千人の方がCT検診を受診され、198例の肺がんが発見されていることが明らかになっています。

""
胸部X線画像

胸部エックス線画像では
細部の指摘ができません。

肺がん低被ばくCT検診とは
 年1回の胸部エックス線検診は、肺がんによる死亡を減少させるといわれています。しかしながら、このエックス線による肺がん検診では肺と肋骨や、心臓などとの重なりで、早期肺がんの発見に限界があることもわかっています。

 CT検査は、体(肺)を輪切りに描出する断面像を撮影します。よって、重なりはなく心臓や血管の裏側まで死角なく描出されます。CT検査により、早期の肺がんを見つけ、肺がんで死亡するリスクを減らすことが可能になります。

 しかし、通常のCT検査では、放射線被ばく量が多く、そのまま検診に用いるには問題があります。
 そこで、放射線の量を通常の5分の1程度に少なくした低線量CT装置で肺がんCT検診を行います。画像は多少粗くなりますが、もともとCT画像は分解能に優れるため、胸部エックス線写真に比べ、より小さな病変やコントラストの低い病変も検出できます。肺がん以外にも肺気腫、肺線維症などの肺疾患の抽出も可能です。

 検診は、肺がんCT検診単独検査と、通常の人間ドックにオプションで付け加えることもできます。
 当院での被ばく線量は2mSv以下に設定しています。
(*日本人が1年間にあびる自然放射線量は2.4mSvといわれています。)
 肺がんCT検診を行うCT機器
CT機器

""
CT検診による画像

こんな方にお勧めします
  • 喫煙者および受動喫煙が気になる方
  • 血縁者に肺がんの人がいる方
  • 50歳以上の方
  • 肺がんが心配な方

検査までの流れ
  1. 予約申し込み(電話または来院)
    平日12時〜16時30分の間に、健康管理センターまで電話または来院にてご予約ください。(完全予約制) 
    電話番号 054-623-3111(代表)
  2. 検査当日
    当日は、予約時間に健康管理センター(2階外来奥)にお越しください。
    1)持ち物:問診票,同意書(事前に郵送いたします)
    2)検査前に問診票・同意書の確認
    ※肺がんCT検診は、エックス線を利用しますので、妊娠中並びに妊娠の可能性のある方は受けることができません。
    ※問診後に、その内容により検査が受けられない場合があります。
    3)検査 ※検査時間は5分程度です。
    4)会計
  3. 検査結果報告
    2〜3週間後を目安に郵送します。所見ありの場合は、当院に受診できます。
   
料金のご案内 (8%税込み)
  
CT検診単独検査 16,630円(税込み)
人間ドックオプションに追加 オプション料金 13,300円(税込み)
  

 
ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図