焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 診療部門のご案内 > 診療科 > 放射線科

診療部門のご案内

診療科

放射線科                          外来担当医表はこちら



放射線科長  深谷 哲昭
 
 放射線診断・IVR科長神谷実佳

放射線診断・IVR科長
 神谷 実佳

放射線科とは・・・
 病院で放射線科といいますと、たいていの方はレントゲン写真などを撮ってもらうところ(この部門は中央放射線科と称しています)を連想されると思います。総合病院には放射線治療医と放射線診断医という、皆様にはなじみの薄い医師がおり、総称して放射線科医と呼ばれます。

 放射線治療は内科的治療でも外科的治療でもない治療手段ですが、多くの場合は、補助的治療法として選択されますが、疾患によっては第一の治療方法となることもあります。その場合は「切らずに治す」治療法となり得ます。適応となる疾患も少しずつ増えています。病院では治療の選択は各診療科の主治医の判断に委ねられていますが、放射線治療が選択された場合は、放射線治療医が治療内容の決定、その修正等を行います。治療部門には外来があって、放射線治療を受けられる方、受けられた方の診療をしています。

放射線診断およびIVRとは・・・
 もう一つの部門である、画像診断医にさらになじみがないのは、直接患者さんに接する機会がないためでしょう。主な仕事は患者さんが受けられた画像検査、具体的にはCT、MRI、RI検査それに通常のレントゲン写真についての診断(読影といいます)を、主治医とは独立した見方から行い、また見落としがないようにすることです。特に忙しい外来診察の中で、情報量の多い画像から診断することは担当医にとってはかなりのストレスですし、患者さんにとっては一大事にならないとも限りません。その危険性を少しでも減らすために、主治医の手に写真が渡る前に読影という仕事をしている者が病院にいることを知っていただければ幸いです。読影に際しては、当院での以前の検査があれば読影にあたって必ず参考にさせてもらっています。
 診断医のもう一つ重要な仕事に血管造影検査というものがあります。以前は画像検査の一つでしたが、現在は血管という体の内部に到達できるルートを介して、病巣を外科的手術をしないで治療するIVR(intervensional radiology)という領域があり、これも「切らずに治す」という手段としての方が重要になっています。担当医師の着任により、IVRにも対応します。

 放射線治療、診断どちらの部門も患者さんが最初から受診される科ではありませんが、病院の質を高めるためにも、また治療方法の選択の幅を広げるためにも必要な部門だと自負しております。ただ、裏方的存在の放射線科を生かすも殺すも各診療科との連携次第ということになります。


◆医師の紹介
 医 師 名  資 格  専門分野
 深谷 哲昭
 (放射線科長)
 放射線科専門医
 日本放射線学会認定医
 画像診断、血管造影検査
 神谷 実佳
(放射線診断・IVR科長)
 放射線科専門医
 放射線診断専門医
 IVR専門医
 脳血管内治療専門医
 IVR、画像診断


◆施設基準
【特掲診療料】
名称 備考
外来放射線照射診療料 患者様の状態像や医療機関における治療提供時の体制を踏まえ、医師の指示による看護師や診療放射線技師等のチームによる、外来患者様に対する毎回の観察が評価されたものです。
がん治療連携計画策定料1 がん診療連携拠点病院に準じる病院として、地域連携診療計画に沿ったがん治療に関わる他の医療機関との連携により、がん患者に対して地域における切れ目のない医療を提供していることが評価されたものです。
抗悪性腫瘍剤処方管理加算 外来の悪性腫瘍の患者様に対して、抗悪性腫瘍剤による投薬の必要性、副作用、用法・用量、その他の留意点等について文書で説明し、抗悪性腫瘍剤の適正使用および副作用管理にもとづく処方管理のもとに悪性腫瘍の治療を目的として抗悪性腫瘍剤を処方することが評価されたものです。
外来化学療法加算1 悪性腫瘍の外来患者様に対して、外来化学療法に係る専用室で悪性腫瘍の治療を目的として、注射の必要性、副作用、用法・用量、その他の留意点等について文書で説明し、抗腫瘍用薬等を投与することが評価されたものです。
高エネルギー放射腺治療 100万電子ボルト以上のエックス線又は電子線の応用で、直線加速装置又はマイクロトロン治療装置使用による照射療法を行うことが評価されたものです。

◆学会認定
名称
・日本がん治療認定医機構認定研修施設


ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図