焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 診療部門のご案内 > 診療科 > 形成外科

診療部門のご案内

診療科

形成外科                           外来担当医表はこちら

形成外科長 桑田知幸

科長 桑田 知幸
形成外科桑田医師

副科長 桑田 久美子
形成外科医師

  渓 智司 医師

◆外来診療
 一般外来診療時間:月・水・金曜日 午前8:30〜11:30

 紹介状や予約のない初診の患者様も、時間の許す限り診察させていただいております。緊急対応がある場合は、初診の診察予約のみの対応となる事があります。また、緊急で処置が必要な場合は、上記の限りではございませんので、適宜電話で確認をしていただけるとありがたく思います。

 対象疾患は以下の通りです。
 ・体表面の腫瘍(良悪性腫瘍)
 ・眼瞼下垂症
 ・外傷(顔面外傷、手指外傷)
 ・先天奇形〈口唇裂・多合指症、臍ヘルニア、太田母斑、耳介変形、耳瘻孔、福耳など)
 ・熱傷(広範囲熱傷以外、熱傷後瘢痕拘縮)
 ・慢性潰瘍(外傷後難治性潰瘍、褥瘡など)

◆手術
 全身麻酔、局所麻酔を行っております。最近6ヶ月では、全身麻酔32件、局所麻酔355件を施行しました。内訳は腫瘍切除および再建が主で、その他にも外傷、先天疾患などの手術を多く行っております。
 週1回、症例検討を行っており、全症例に対して、形成外科医師3名の総合的判断により治療方針を決定しております。今年度より、疼痛コントロールおよび精神的負担の軽減を軸に診療方針を検討させていただいております。手術に際して、全身麻酔(深い眠り)、硬膜外麻酔、神経ブロック、鎮静(浅い眠り)下で局所麻酔などを駆使して、患者様の身体的・精神的苦痛を少しでも軽減できるように努めています。鎮静下手術をご希望の場合には、安全のため最低1泊2日の入院が必要になります。

◆救急対応
 顔面外傷(顔面骨骨折、挫創など)、手外傷(腱損傷、骨折、脱臼、切断指、挫創など)、熱傷を随時受け入れております。最近6ヶ月間に82件(手指腱損傷・手指骨折・切断指・顔面挫創など)の緊急手術を行っております。その他にも夜間帯の救急患者様の外傷をフォローしております。

※美容外来に関しては、現在制限をさせていただいております。また、レーザー機器の故障により、治療ができない場合があります。ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力の程、宜しくお願いします。

◆医師の紹介
 医 師 名  経 歴  資 格  専門分野
 桑田 知幸
(形成外科長)
・福島県立医科大学附属病院
・静岡県立こども病院
・愛知県がんセンター中央病院
 日本形成外科学会認定専門医
 麻酔科標榜医
 日本麻酔科学会認定医
 臨床研修指導医
 形成外科一般
 桑田 久美子
(副科長)
・東京大学医学部附属病院
・福島県立医科大学附属病院
・あいち小児保健医療総合センター
 日本形成外科学会認定専門医
 日本乳房オンコプラスティックサー
 ジャリー学会
 認定責任医師
 日本形成外科学会皮膚腫瘍外科分野
 指導医
 日本形成外科学会小児形成外科分野
 指導医
 産業医
 臨床研修指導医
 形成外科一般
 渓 智司       形成外科一般


◆施設基準
【基本診療料】
名称 備考
褥瘡ハイリスク患者ケア加算 専従の褥瘡管理者が、褥瘡予防・管理が難しく重点的な褥瘡ケアが必要な患者様に対し、適切な褥瘡予防・治療のための予防計画に基づく総合的な褥瘡対策を継続して実施していることが評価されたものです。

【特掲診療科】
名称 備考
組織拡張器による再建手術(一連に付き)
(乳房再建手術)の場合に限る
乳腺悪性腫瘍手術後に、乳房用の組織拡張器を挿入する手術を行うことが評価されたものです。
ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術
(乳房切除後)
乳腺悪性腫瘍手術後に、ゲル充填人工乳房を用いて乳房再建術を行うことが評価されたものです。


◆学会認定
名称
・日本形成外科学会認定医研修施設
・日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会認定エキスパンダー実施施設
・日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会認定インプラント実施施設
・日本がん治療認定医機構認定研修施設


ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図