焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 診療部門のご案内 > 診療科 > 脳神経外科

診療部門のご案内

診療科

脳神経外科                          外来担当医表はこちら

脳神経外科長 竹原医師

脳神経外科長兼リハビリテーション科長兼中央手術室長 竹原 誠也
脳神経外科 富田医師

救急室長 富田 守
脳神経外科 山村医師

脳血管外科長 
山村 泰弘 
脳神経外科川勝医師

川勝 暢 医師

脳神経外科とは・・・
 脳神経外科で扱う病気は脳と神経の病気(手術を必要とするかもしれない病気)です。
 主な病気は、脳腫瘍、くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞、頭部外傷、むち打ち、椎骨脳底動脈循環不全、一過性脳虚血発作、脳動静脈奇形、水頭症、脊髄腫瘍、脊髄疾患、脳膿瘍、三叉神経痛、顔面けいれんなどです。
【症状】
 患者さんの具体的な症状は、頭痛、手足のマヒ、しびれ、歩けない、歩きにくい、ものが二重に見える、ぼんやりしている、意識がない、しゃべりにくい、しゃべれない、言葉が理解できない、顔面まひ、ものが飲み込みにくい、むせやすい、めまい、ふらつき、動揺感、認知症、ぼけ、記憶障害、知能低下、顔の痛み、顔がぴくぴくする、頭・頚部の外傷などです。
 一般的には、突然起こる症状では、脳卒中(くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞など)が疑わしくなります。徐々に出てきた症状では、脳腫瘍などが疑われる場合があります。

【対象疾患】
 対象となる具体的な病気は、くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞、脳動脈狭窄、脳動脈閉塞、内頸動脈狭窄症、一過性脳虚血発作、椎骨脳底動脈循環不全症、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、もやもや病、脳動脈解離などの脳卒中を中心とした、脳血管に由来する病気があります。
 また、脳腫瘍(神経膠腫、膠芽腫、髄膜腫、下垂体腫瘍、転移性脳腫瘍など)、脊髄腫瘍などの腫瘍性疾患も対象となります。
 もちろん、頭部外傷、脳挫傷、び漫性軸索損傷、慢性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血、頭蓋底骨折、頭蓋骨骨折、髄液漏、頸椎骨折・脱臼、頚髄損傷、頸椎捻挫、外傷性頚部症候群などの中枢神経に関わる外傷も対象となります。
 これら以外でも、三叉神経痛、顔面けいれん、正常圧水頭症、水頭症、先天奇形、脳膿瘍、硬膜外膿瘍、硬膜下膿瘍、脳脊髄液漏出症(低髄圧症候群、脳脊髄液減少症)などの病気も対象としています。
 上記の症状があり、診察、検査をすすめる中で、病気の診療、治療が、脳神経外科ではなく、神経内科、耳鼻咽喉科、眼科、整形外科など他の専門家にみてもらった方がよい場合があります。そのときはそれぞれの科に相談します。

【診療の特色】
 当脳神経外科の特色は、まず24時間、365日いつでも患者様への対応をしていることです。特に、救急外来では、オンコール体制(日直医師、当直医師より連絡があれば、脳神経外科医師が駆けつける体制)で、いつでも重症頭部外傷、重症脳卒中患者様の緊急検査、手術、治療に迅速に対応するようにしています。入院中の患者様、手術への対応も同様です。
 もう一つは、患者様、ご家族の皆様と十分な情報交換をし、納得した治療をお受けいただくようしていることです。特に、疾患に対する説明は、可能な限り時間をとってお話させていただきます。

【重要な診療機器】
 当院にある検査機器で特徴的なものは、CT、MRI、血管撮影装置、ポータブル血管撮影装置などです。CTは、MDCTの中でも最も性能の良い320列、64列の計2台が稼働しています。特に、320列ADCTでは、その先進性より、造影剤の減量、撮影画像の再構成などに大変有用です。多発外傷の場合など、頭部から、そのまま頸椎、胸腹部、骨盤まで数分で検査が終了します。また、出血性脳血管障害の場合、通常の頭部CTの後、続けてCT Angiographyを施行し、異常血管の有無を調べることが可能です。MRIは、現在、1.5Teslaのものが2台稼働しております。CTはもちろんですが、MRIも、24時間対応しています。緊急MRI検査は、急性期脳虚血性疾患の診断に必須で、出血性疾患の血管性病変の検索にも有用です。血管撮影装置は、新しい機能のついた装置で、その空間分解能は高く、脳血管内手術の時など細かい部分まで描出可能で、大変有用です。ポータブル血管撮影装置は現在手術室に設置し、手術中に血管の流れを直接検査できます。
 手術に関する機器としては、手術顕微鏡、ニューロナビゲーター、神経内視鏡などがあります。手術顕微鏡はライカ社製のものが2台あり、同時に使用できます。この顕微鏡では、ICGによる脳血管造影、5-ALAを用いた腫瘍発色検査も可能です。また、Brain Lab社製ニューロナビゲーターを導入しており、神経膠腫手術、脳深部病変手術時には安全で確実な手術をすることができます。神経内視鏡も導入しており、脳室内手術など、必要な場合には適宜使用できます。
 平成25年4月より、高機能病棟が稼働を開始し、集中管理・治療を要する患者を重点的に診ることができるようになりました。この病棟では、特に頭蓋内圧(ICP)、脳潅流圧(CPP)、経頭蓋ドップラー超音波(TCD)等を含め、多くの患者パラメーターを集中的に管理できる体制をとることができます。また、適応のある症例には、低体温療法にも対応できます。急性期脳梗塞患者へのtPA療法も、この病棟で、施行しています。

【最近の診療実績】
 脳神経外科の年間新規入院患者数は、平成22年度 491名、平成23年度 424名、平成24年度 673名、平成25年度721名でした。平成25年度の入院患者数の内訳は、脳卒中337名、頭部外傷268名、脳腫瘍43名、その他73名でした。手術件数は、平成22年度125件、平成23年度146件、平成24年度244件、平成25年度282件でした。平成25年度の主な手術の内訳は、脳腫瘍18件、脳動脈瘤38件、脳内出血(開頭)13件、慢性硬膜下血腫102件、急性硬膜下・硬膜外血腫8件、脳室腹腔シャント37件でした。
 平成24年度より、藤枝市立病院脳神経外科が入院診療を停止し、当該患者様の受け入れを当科で行うようにしているために、入院患者数、手術件数の増加が見られています。
    
【それぞれの疾患への取り組み】
■脳動脈瘤:
 くも膜下出血を発症して来院される方が多く、基本的に急性期手術(発症72時間以内)を行うようにしています。治療が可能な方に対しては、開頭クリッピング術を行うようにしていますが、脳血管内手術も適応患者には速やかに準備します。しかし、状態によっては、手術的治療の対象とはならない場合もあります。治療については、ご家族の皆様と十分相談の上、方針を決定していきます。くも膜下出血発症2週間以内におこる脳血管攣縮、脳梗塞に対しては、積極的な治療を心懸けています。
 最近は高齢者のくも膜下出血も多くなっています。特に80歳以上の方については、患者毎に経過、状態が異なり、慎重に検査を進め、治療方針を決定します。意識状態が良くない場合は、積極的な治療ができないことが多くなります。
 また、症状もなく、偶然発見される脳動脈瘤の方が多くなってきました。基本的な方針は日本脳ドック学会、日本脳卒中学会の診療ガイドラインに従っています。ご本人、家族の皆様に十分にお話を聞いていただき、検査の方針、治療方針を相談していきます。それにより手術などの治療に至る方もありますし、経過観察の方もいらっしゃいます。
 治療をする場合は、開頭クリッピング術、脳血管内手術のいずれかを行うことになります。詳しい検査を行い、いずれが適正か、十分検討の上、治療をすすめます。ただ当科で発見された方では、高齢の方が多く、全体では経過観察をしている方が多くなっています。 
 経過観察の場合は、血圧を適正にコントロールし、禁煙し、飲酒量も控えるように、説明させてもらっています。その上で、6-12ヶ月毎に画像検査で経過を見るようにします。

■ 悪性脳腫瘍(悪性神経膠腫、膠芽腫など):
 これらの脳腫瘍の治療成績を上げるためには、摘出手術において、できるだけ多くの腫瘍を摘出する必要があります。これには、Brain Lab社製ナビゲーションシステムが大変有用です。画像診断で得られた腫瘍の範囲を的確に、手術中に確認し、摘出します。また、病理部門と協力し、術中迅速病理診断を行います。最終的な病理診断から、放射線・化学療法が必要になれば、放射線専門医の協力を得て、放射線照射計画を立て、さらに化学療法薬(テモダール)のプロトコールに従って治療を施行します。
 また、これら脳腫瘍の治療は未だに困難なため、新たな治療方法(腫瘍摘出腔へのギリアデル留置、アバスチン投与)は積極的に導入しています。

■転移性脳腫瘍:
 他の臓器の癌患者様に、転移性脳腫瘍が発見された場合、担当の先生より脳神経外科に連絡をいただきます。患者様、ご家族から十分なインフォームコンセントを得て治療にあたります。治療は、必要であれば、開頭腫瘍摘出術を施行します。また、多発病変などの場合には、ガンマナイフ治療(藤枝市内平成記念病院など)、拡大局所照射療法(当院)を選択することがあります。

■良性腫瘍(髄膜腫、下垂体腺腫、神経鞘腫など):
 良性腫瘍の場合、可能な限り全摘出を目標に手術をします。髄膜腫は、最近はある程度の大きさで発見される方が多くなりました。しかし今でも、かなり大きくなった状態で発見される患者さんもいます。できるだけ脳に影響を及ばさないように丁寧に腫瘍の摘出を行います。
 当院では、代謝内分泌科で下垂体腺腫が発見され、当科に紹介される患者さんもいます。下垂体腫瘍は、良性腫瘍であり、多くは手術治療が必要です。その場合、経蝶形骨洞手術、すなわち開頭するのではなく、鼻の中より手術を行います。ただ、プロラクチン産性腫瘍の場合は、まず内服薬で治療します。
 聴神経腫瘍の場合は、腫瘍が大きくなると、手術が必要になります。その場合、聴神経機能、顔面神経機能を手術中にモニターしながら、術後の後遺障害をなるべく少なくするように、丁寧な手術をしています。
 偶然発見された症状のない良性腫瘍の場合は、慎重に検査をすすめ、経過観察をしている患者さんも多くいます。

■脳血管内手術:
 日本脳血管内治療学会指導医の聖隷三方原病院杉浦康仁先生、浜松医大平松久弥先生の指導、協力を得て行っています。 

■顔面けいれん:
 開頭手術(神経血管減圧術)、ボツリヌス毒素注射、薬物療法等を、患者さんと十分に相談の上、選択しております。

【リハビリテーション】
 当科は、脳神経外科ですので、治療は手術が主体です。しかし、手術件数と入院患者数をみますとわかりますように、手術をしない患者様も多くいます。
 特に脳内出血、脳梗塞の場合、多くの方に対して内科的な治療(点滴、内服等)を主体に行い、リハビリテーションを急性期より導入しています。リハビリテーションは理学療法士7名、作業療法士4名、言語聴覚士4名の充実した体制をとっております。

 特に、言語聴覚療法は、失語症、構音障害などの言語療法はもちろんのこと、摂食、嚥下障害に対する摂食、嚥下訓練及び高次大脳機能障害に対する機能訓練も行っています。
 頭部外傷後の患者さんも同様にリハビリテーションを行っています。ただ、頭部外傷後の患者さんについては、見た目には、強い症状は無いのですが、高次大脳機能障害等をきたしている方もいます。その場合、高次大脳機能検査等を行い、機能訓練、職場・学校への復帰のお手伝いなどを、それぞれの患者さんの状態に合わせて行います。
 一方、急性期を過ぎた方の回復期リハビリテーションは、適応があればリハビリテーション専門病院にお願いしています。この場合、脳卒中の患者さんであれば、脳卒中地域連携パスを用いて、適正で速やかな紹介、転院ができるようにしています。
 リハビリテーション病院は、焼津市内の甲賀病院回復期リハビリテーション病棟、藤枝市内の聖稜リハビリテーション病院、静岡市内の静岡リハビリテーション病院、静清リハビリテーション病院、静岡厚生病院回復期リハビリテーション病棟、静岡市立清水病院回復期リハビリテーション病棟、菊川市内の菊川市立総合病院回復期リハビリテーション病棟、御前崎市内の市立御前崎総合病院回復期リハビリテーション病棟、伊豆市内の中伊豆リハビリテーションセンター等にお願いする場合があります。

【脳卒中連携パス】
 脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血)の患者さんの場合、片麻痺、言語障害などの症状が強く、リハビリテーションを要する場合が多くあります。そのとき、当院では早期のリハビリテーションを行いますが、長期にリハビリテーションが必要な時は、リハビリテーション専門病院での治療をお願いすることも多くあります。リハビリテーション病院へ紹介する場合に、患者さんの情報をそれぞれの病院でうまく共有し、そのままスムーズに診療を継続できる体制を整えたものが、この脳卒中地域連携パスです。急性期病院の当院と、回復期リハビリテーション病院の間で、共通の資料を用いて、患者さんの情報をやりとりします。これにより、これまでよりも転院手続きがスムーズになりました。

【医療相談業務】
 脳卒中の患者さんの場合など、長期のリハビリテーションが必要になり、リハビリテーション病院への転院が必要になったり、後遺障害のために介護等が必要になったり、突然の入院で金銭的な問題が起こってきたりします。また、色々な事務的な手続きが必要になったりします。このようなとき、いつでも相談に乗れるように、専門の医療相談員がおります。もちろん他の疾患でも、病気以外でのお悩みもあるかと思います。担当医師、看護師にもお気軽に相談いただけますが、当院1階の医療相談室を直接訪ねていただいてもかまいません。患者様、ご家族の皆様が、入院中、退院後も良い療養生活が送られますようお手伝いさせていただきます。

【外来での十分な面談、セカンドオピニオン】
 当科の特色にも記しましたが、十分な時間をとった面談を心懸けております。従って、通常の外来で十分でない時は、特別に時間をとり、患者様、ご家族の皆様と納得のいく情報交換をしております。 入院患者様につきましては、入院時、検査前、検査後、手術前、手術後等の診療の区切りの時に、できるだけ患者様、ご家族の皆様と、検査、治療方針についてお話するようにしております。
 また、他院の医師の意見をきく、セカンドオピニオンを希望される場合、紹介状と当院での資料を用意させていただきます。もちろん当院の医師にセカンドオピニオンを聞きたいと希望されることも結構です。時間を十分かける必要があるようでしたら、一度外来に受診いただき、別に面談の時間を予約していただきます。

 以上色々記しましたが、我々の診療の一部分しかご紹介できていません。
 当院脳神経外科外来、脳神経外科病棟に直接おいで頂き、お話をさせていただければと思います。
 今後、適宜このホームページを更新し、皆様にご理解いただけるようにしたいと思います。


特種外来
脳卒中外来
診療時に時間がかかるなどして、一般外来の予約枠に入らない方の診療。
・介護保険のための診療、特殊な診断書作成のための診療、特殊な薬剤投与を要する診療、時間のかかる面談の必要な診療
担当医師 竹原 誠也
受診方法 脳神経外科外来受診にて予約
診察日 火曜日 14:00〜

薬物治療外来
顔面痙攣に対する治療(ボトックス局所注射)
担当医師 竹原 誠也
受診方法 脳神経外科外来受診にて予約
診察日 火曜日 14:00〜

 当科では、インフォームドコンセントを重視しており、患者様、ご家族に納得のできる十分なお話をさせていただきたいと考えています。そのために、一般外来以外にも時間を設けて、時間にゆとりをもって面談し、お話をします。

 
◆医師の紹介

 医 師 名  資 格  専門分野
竹原 誠也
(脳神経外科長兼リハビリテーション科長兼中央手術室長)
 日本脳神経外科学会専門医
 日本脳卒中学会専門医
 臨床研修指導医
脳神経外科一般、重症脳卒中・頭部外傷の管理、脳動脈瘤の手術、頭痛、めまいの治療
富田 守
(救急室長)
 日本脳神経外科学会専門医
 日本救急医学会専門医
 日本脳卒中学会専門医
 臨床研修指導医
 ICLSインストラクター
脳神経外科一般、神経外傷学、重症脳卒中・頭部外傷の管理、救急患者管理
山村 泰弘
(脳血管外科長)
 日本脳神経外科学会専門医
 臨床研修指導医
脳神経外科一般
川勝 暢  がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了 脳神経外科一般 


◆施設基準
【基本診療料】 
名称 算定開始日 備考
超急性期脳卒中加算 平成22年11月1日 専ら脳卒中の診断及び治療を担当した経験を10年以上有し、「脳梗塞rt-PA適正使用講習会」を受講した常勤の医師を1名以上配置しています。


【特掲診療料】
名称 備考
硬膜外自家血注入療法 脳脊髄液漏出症の治療に適応となる硬膜外自家血注入療法の先進医療が認められました。当該治療は自費診療(21,330円)ですが、保険診療との併用(混合診療)が可能となりました。
がん治療連携計画策定料1 地域連携診療計画に沿って、地域の保険医療機関と連携したがん治療の提供を実施しています。
脳血管疾患等リハビリテーション料(T) リハビリテーション等に関する専用の設備・機械・器具等を有し、専任の常勤医師及び専従する常勤の理学療法士・作業療法士・看護師・言語聴覚士等を配置しています。
 集団コミュニケーション療法料 言語聴覚士を配置し、集団で訓練する体制を整備しています。
脳刺激装置植込術、頭蓋内電極植込術/脳刺激装置交換術 当該術式に関し経験を有する常勤の医師及び医療技術者等を配置し、必要な院内検査等を常時実施可能な機器、設備を有しています。
脊髄刺激装置植込術/脊髄刺激装置交換術 当該術式に関し経験を有する常勤の医師及び医療技術者等を配置し、必要な院内検査等を常時実施可能な機器、設備を有しています。
抗悪性腫瘍剤処方管理加算 化学療法の経験を5年以上有する専任の常勤医師が1名以上勤務しています。
外来化学療法加算 当該療法を行うために必要な機器、専用施設を有し、化学療法の経験を5年以上有する専任の常勤医師、常勤薬剤師を配置しています。

◆学会認定
名称
・日本脳神経外科学会専門医認定制度指定研修施設
・日本脳卒中学会専門医認定制度研修教育施設
・日本がん治療認定医機構認定研修施設


ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図