焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 診療部門のご案内 > 診療科 > 代謝内分泌科

診療部門のご案内

診療科

代謝・内分泌内科                              外来担当医表はこちら

◆代謝・内分泌内科とは・・・                        
 当科は昭和58年10月、志太榛原地区では最初の専門内科を標榜し、以降糖尿病などの代謝疾患、および甲状腺などの内分泌疾患の診療を行っております。特に糖尿病については平成22年8月現在約6200名の患者さんが登録されており、糖尿病教育認定施設に認定されています。コメディカルの育成にも力を入れており、これまでに約30名の糖尿病療養指導士が育ち、チーム医療の柱となっております。

 当科では総合病院の一診療科として
 ・当科および他科にて入院を要する方
 ・一般外来診療所での実施が困難な検査等を要する方
 以上の方々の診療を、下記の原則および方針に従い重点的に行っております。

1.糖尿病教育入院につきましては、約1週間の予定でお引き受けしております。インスリン導入などの場合は約2週間の予定となります。入院病棟および外来診療の現場で栄養士、看護師および薬剤師と連携して、効果的な糖尿病療養の実現を目指しております。
※糖尿病教室 毎月第2水曜日 PM1:00〜3:00 

2.外来診療所等からご紹介いただいた方につきましては、必要な診療や指導を行った上で、可能な限りご紹介いただいた外来診療所等に逆紹介させていただいております。特に平成18年より糖尿病病診連携パスを開始し、これまでに約600名を協力医に逆紹介をして病診連携の強化を計っております。    

3.他科入院中で当科対象疾患を有する方につきましては、当該診療科担当医の要請に従い当科でも入院中の診療を行います。          

4.現在当科外来に通院されている方につきましては、病状が比較的安定している方から外来診療所等にその後のご診療を依頼させていただいております。  

5.甲状腺超音波検査や栄養指導など、入院不要ながら一般外来診療所等での診療が困難なものにつきましても、当科外来でご依頼をお受けしております。    

6.甲状腺、副腎、下垂体などの特殊な内分泌疾患につきましても専門的診療を行っております。    

7.16年前に県下で最初の人工膵臓を導入し、病態に基づく高度糖尿病診療が可能となっています。    

8.糖尿病学会地方会・総会に毎年数多くの演題を発表しております。    

 以上の原則および方針に則り、一般診療所の皆様との医療連携を基盤とした診療に努めております。何卒ご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

◆糖尿病教室のご案内


◆医師の紹介


◆非常勤医師
 


井村 満男 医師



千 正鎬 医師



橋本 卓也 医師

ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図