焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 診療部門のご案内 > 診療科 > 点滴治療センター

診療部門のご案内

診療科

外来化学療法部門  (点滴治療センター)                                                 

 近年がんの化学療法は、効果が期待でき、副作用が少なく短時間で行うことができるようになってきました。新しい治療メニューや抗がん剤の開発、免疫チェックポイント阻害薬,副作用を抑える薬剤の開発などが進み、従来入院治療が主であった化学療法は外来で実施することが多くなっています。

 外来で化学療法を行うことは、ご家族との生活や仕事等で自分の役割を果たしながら治療を続けていくことができます。そのため、患者様の生活の質(QOL)の向上につながります。

 当院では平成15年に5床からスタートしています。患者様の増加や快適な環境を提供するため、平成21年4月より2階に移りベッド数も化学療法用が10床、一般点滴用が6床に増え「点滴治療センター」として新たに始動しました。
点滴治療センター様子1

点滴治療センター様子2

主な設備(化学療法用)
  • 電動フルリクライニングチェア(2台)
    座ったり、寄りかかったり、寝たりとお好きなスタイルで治療が受けられます。治療途中にもリモコンで簡単に調節できます。

  • ベッドが8台あり長時間であっても静かな環境で快適に点滴治療を受けていただけるようマットレスにも配慮されています。自由に読書や飲食ができるようになっています。

  • 治療中にテレビを見たい方は、TVカードを利用してみることができます。(3台)

  • ナースコール
    治療中になにかありましたら、これを押して看護師を呼びます。

  • トイレ・洗面台
    お部屋の扉をでるとすぐにあります。

  • BGM
    リラックスして治療が受けられるように静かな音楽を流しています。

  • 他 点滴、輸血などのベッドも6床あります。

外来化学療法への取り組み
1.外来点滴センターの紹介
 
 外来に受診され点滴を受けられる患者さまは、当院2階にある外来点滴治療センターで点滴を行います。ここでは、化学療法剤(抗がん剤)、ホルモン注射、補液、抗生剤、輸血などさまざまな薬の点滴および注射を、化学療法を行うブースとそれ以外の薬の点滴を行うブースに分けてそれぞれの場所で実施しております。

 化学療法を行うブースにはベッド8床、リクライニングチェア2床が配備され、患者さまはいずれかを選ぶことができます。化学療法以外の薬の点滴を行うブースにはベッド6床、リクライニングベッド1床を用意しております。センター内ではリラックスした気分で治療を受けていただくために音楽をかけ、アロマの香りも香っています。テレビ鑑賞ができるベッドも3ベッドあり、好みに応じて選んでいただいています。

 当センターのスタッフは専任医師1名、当番医師、看護師5名で、そのうち、がん化学療法看護認定看護師1名、がん性疼痛看護認定看護師1名、がん薬物療法認定薬剤師2名で構成されています。
点滴治療センタースタッフ



2.外来点滴センターで化学療法をうけられる患者さまへ
 近年のがん化学療法は、治癒をめざすがん治療としてはもちろんのこと、術前術後に行われる補助療法として、また生存期間の延長(延命)、症状緩和やQOLの向上など、がんの早期から終末期まで全ての時期にあらゆるがん腫に対して行われており、がん治療においてますます重要になってきています。入院期間の短縮化、吐き気止めなどの支持療法の普及や外来化学療法に診療報酬が認められるようになったことを背景にして、化学療法は入院から外来・在宅へと移行しています。当院でも、点滴治療センターを設置して外来化学療法を積極的に実施しています。

 抗がん剤の点滴を行う場合、医療スタッフが患者さまの安全の確保に十分配慮しながら実施しております。点滴漏れや過敏症の発現など副作用が生じた場合緊急対応の充実も図っています。また、自宅で要注意の副作用が生じた場合の緊急時対策等についても患者さまへ十分な情報を提供しており、在宅での治療が安全に継続できるよう取り組んでいます。
 治療中は、副作用についてだけでなく日常生活での不安や不便、痛みなどの身体症状、医療費などの社会的問題などについても情報提供を行っています。

化学療法


当院の化学療法運用システムについて
 当院のがん化学療法運用システムについて紹介します。

1.抗がん剤プロトコール管理
 当院ではがん化学療法が適正かつ安全に行われるために、がん化学療法小委員会で抗がん剤プロトコール(レジメン)の審議および管理を行っています。抗がん剤プロトコールとは、あらかじめ定められた治療計画書であり、使用薬剤、投与量、投与方法などについて規定しています。抗がん剤プロトコールは登録制とし、がん化学療法小委員会で審議し承認されたプロトコールのみを使用しております。


2.がん化学療法についての説明について
 医師は、患者さまに現在の病名と病状、治療の選択についてわかりやすく説明し、患者さま本人が十分納得した上で治療を開始するようにしています。説明に用いる文書は各診療科で統一したものを用い、薬の説明から副作用の発現頻度まで詳細な説明を行います。
 薬剤師は、医師の治療方針と患者情報を事前に確認した上で、抗がん剤プロトコールに従って薬の適正使用の確認を行います。また、患者さまへ医師の説明を補足するため以下の点について説明を行います。
  1.抗がん剤プロトコール名称
  2.薬剤名と薬効について
  3.投与スケジュール、投与経路、投与時間、注意点に
   ついて
  4.予想される有害事象(副作用)と自覚症状について
  5.有害事象に対する予防や対策について

 看護師は、化学療法当日の患者さまの治療の流れや帰宅後の注意事項および副作用が生じた場合の連絡等について具体的な説明を行います。また、脱毛時の頭皮ケアやカツラなどの説明なども行います。医師、薬剤師から説明を受けた後、当日点滴治療センターで説明内容に対する理解状況を確認しながら、再度薬剤師や看護師から追加の説明を行っていきます。




3.実際の外来化学療法の管理体制と流れ
 薬剤科では医師の指示書(注射処方せん)に従って、治療前日に複数の薬剤師による確認の上で薬剤を準備します。
 治療当日、主治医は患者さまを診察し、検査結果を確認した上で化学療法を実際施行するかどうかを決定します。実施決定後、薬剤科では抗がん剤プロトコールに従っているかを確認するため、再度検査値の確認を行います。治療延期や減量規定に該当する場合は医師への確認を行います。確認終了後、薬剤師は安全キャビネット内で無菌的に抗がん剤等の調製(ミキシング)を行い点滴治療センターに払い出します。
 患者さまへ点滴する前の薬剤の最終確認は、点滴治療センターの看護師同士での確認後、患者さまと一緒に名前と生年月日、薬剤、時間などの確認を行います。1本ずつ交換のたびに携帯端末で確認を行い厳重にチェックしています。
 その後医師が静脈ラインを留置針にて穿刺し点滴の準備をします。看護師が留置針を穿刺する場合は、医師が逆血を確認します。
 点滴中は、看護師が患者さまの状態を確認し必要に応じてモニターを使用して安全管理を行っていきます。化学療法実施中や終了時にバイタルサインに変化がないか、また静脈ライン穿刺部位に異常がないかを確認し、安全確保に努めています。



4.緊急時の対応
 外来化学療法施行時の緊急事態に迅速に対応できるように、各種マニュアルを用意しています。実際の化学療法で最も多いトラブルとして知られている薬剤の血管外漏出にも速やかに対応できるようにマニュアルが完備されおり、外来診療科との連携も密に取っています。

■外来点滴治療センターの近年の外来化学療法延べ患者数
  24年度  25年度 26年度  27年度 28年度 29年度
外科 1,058 1,405 987 943 977 916
呼吸器内科 0 0 0 0 0 0
消化器内科 344 345 338 398 422  421
血液内科 0 0 0 25 42  47
泌尿器科 1,260 1,937 ※29 ※54 ※49 ※118
耳鼻咽喉科 0 0 0 7 4 7
内科   5 41 57 88 94
脳神経外科 0 6 0 11 19 17
婦人科 0 0 13 36 40 40
整形外科 18 29 47 29 37 29
神経内科 0 0 0 0 0 0
腎臓内科     22 32 51 80
合計 2,680 3,727 1,477 1,592 1,729 1,769
                          ※ホルモン剤等含まず

 ■緩和ケアへの取り組み 講演会・研修会参加記録



特種外来

リンパ浮腫外来  

◆リンパ浮腫とは・・・
 主に手術によるリンパ節の切除や放射線治療の治療後やがんのリンパ節転移によって、リンパ液の流れが滞ることで起こる浮腫(むくみ)です。
 女性においては乳がん、婦人科がんなどの手術や放射線治療の後遺症として発症することが多い病気です。術後すぐに生じてくるものもあれば、5年や10年経過してから発症する場合もあります。最近では、前立腺がんの増加に伴い、男性にも見られるようになってきています。

◆リンパ浮腫外来では
 むくんだ腕や足で日常生活を続けていくのは、肉体的にも精神的にも負担を強いられます。そこで当院では、専門の技術を習得した看護師により、むくんだ腕や足を治療していくとともに、患者さんがご自宅でも継続的な治療を行えるように、正しいセルフケアの方法を指導していきます。最終的には日中をスリーブやストッキングなど弾性圧迫衣で過ごせるようになることを目標としています。

◆リンパ浮腫治療
  1. マッサージ
  2. 圧迫療法
  3. 圧迫下での運動療法
  4. スキンケア
  これらを組み合わせた複合的理学療法です


診察日 毎週水曜日 14:00〜 完全予約制
対象者 当院の外科、婦人科、泌尿器科(家族の同席)に通院中のリンパ浮腫のある患者様
申込方法 1.希望者は、外来で医師に許可を得てください。(医師の依頼のもと実施)
2.下肢については血栓の有無を確認します。
3.予約はがんよろず相談で行っています。
4.再診はマッサージ後に予約を入れます。
料金 ■自費診療
 初診 5,000円(税別) (60分)+10分ごと1,000円追加
 再診 7,000円(税別) (60分)+10分ごと1,000円追加

 ※資格をもった看護師が施行します。
  担当看護師 :大宇根 麻吏 (NPOリンパドレナージ協会 フェルディ式リンパドレナージセラピスト)


アロマ外来  

アロマ外来とは・・・
 アロマセラピーは自然療法のひとつであり、代替医療とも言われています。
 ハーブなどの芳香植物から抽出した天然の精油に含まれる薬理効果を利用して、痛みの緩和や不快症状、精神的安定をはかり心身の調和をはかるのが目的です。

アロマ外来で行うこと
 天然の精油に含まれる薬理効果を利用し、がん患者様や透析患者様の症状、状態にあわせて精油を選び、作製したマッサージオイルを使いマッサージを行います。
 アロママッサージにより、患者様自身に備わっている自然治癒力を高めることにより、治療に導くことができるようにケアをしていきます。


診察日 毎週火曜日 13:00〜 完全予約制
対象 当院へ通院しているがん患者様と透析中の患者様
申込方法 @希望者は外来で医師の許可を得てください(専用用紙あり)
A各外来で予約
料金 ■自費診療
初回は登録料 2,000円(税別)+マッサージ料金
・フットバス+全身マッサージ   5,000円(税別)
・フットバス+上半身または下肢マッサージ 3,000円(税別)

 ※アロママッサージの資格を持った看護師が施行します。
   担当看護師 :山田 明美(JAA日本アロマコーディネーター協会インストラクター)


緩和ケア・がんよろず相談のご案内  

がんを患う人の数は年々増え、いまや、男性の2人に1人女性の3人に1人ががんを経験しており、その数はますます増加しております。

 がんは早期発見、早期治療により治る病気とは言われておりますが、がんという響きはまだまだ私達に恐怖をもたらします。

 体調不良を感じた時に脳裏に浮かぶ「がん」の文字、がんを宣告された後の不安と絶望感、検査への恐怖、治療を選択する時の戸惑い、再発への不安、身内としての関わり方への戸惑い・・・などなど。がんと闘う際に私たちはさまざまな大きな壁にぶつかり、悩み、苦しみを抱えなければなりません。

 そのような地域の皆様のがんに関する悩み(痛みや緩和ケアを含む)、不安、治療の選択に関する悩みやリンパ浮腫に関する相談などに対応しています。また、必要に応じて診察に同席させていただいたりして対応しています。

 緩和ケア・がんよろず相談は、2階がんよろず相談でがん性疼痛看護看護師が対応させていただきます。相談をご希望される方は是非ご連絡ください。


緩和ケア外来
診察日毎週火曜日 14:00〜 予約制

緩和ケア・がんよろず相談
相談日月〜金曜日 9:00〜16:00    


共生(とも)の会 (現在活動休止中)


 がん患者やそのご家族の方には親兄弟にも話せないことや、常に脳裏から離れないものがあろうかと思います。「共生(とも)の会」では症状ごとにさまざまな悩みを持つ方が、悩みを吐き出せる場として患者さん同士のフリートークを中心に活動しています。

 また、ときには当院の医師なども加わり、会員内で正しいがん知識の共有を目指しています。
 会の活動が、参加者の心の重みを少しでも軽くし、共に楽しく生きることの手助けとなれば幸いです。みなさまのご参加をお待ちしております。

 ■問い合わせ先
  焼津市立総合病院 外来化学療法担当 鈴木裕子
  電話 054-623-3111 代表
  Eメール webmaster@hospital.yaizu.shizuoka.jp

ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図