焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 病院のご案内 >質の高い医療を目指して

病院のご案内

質の高い医療を目指して

医療安全への取り組み

 「適切な医療安全管理を推進し、安全な医療の提供に資する」
当院での医療安全管理への取り組み
 当院での医療安全対策への取り組みは、平成11年6月に医療事故対策委員会が設置されたことに始まりました。当該委員会は平成14年11月に医療安全管理対策委員会に名称変更され、その後、病院長直属の組織として平成17年4月に当医療安全管理室が設置されました。


医療安全管理のための基本的な考え方
 医療安全は、医療の質に関わる重要な課題です。また、安全な医療の提供は医療の基本となるものであり、各部署及び職員個人が、医療安全の必要性・重要性を部署及び自分自身の課題と認識し、医療安全管理体制の確立を図り安全な医療の遂行を徹底することがもっとも重要です。このため、当病院では、本指針を活用し、医療安全管理対策委員会及び医療安全管理室を設置して医療安全管理体制を確立するとともに、当病院内関係者の協議のもとに、医療安全管理規程及び医療安全管理対策マニュアル(以下「マニュアル」という。)を作成しています。また、インシデント事例及び医療事故事例の評価分析によりマニュアル等の定期的な見直し等を行い、医療安全管理の強化充実を図っています。


医療安全管理室
 委員会で決定された方針に基づき、組織横断的に病院内の安全管理を担います。
 医師を医療安全管理室長とし、専従の担当看護師長を医療安全管理者として、2名で構成されています。

<医療安全管理室の主な業務>
   1.医療安全管理室の業務に関する企画立案及び評価に関すること
   2.当病院における職員の安全管理に関する意識の向上及び指導に関すること
   3.医療事故発生の報告又は連絡を受け、直ちに医療事故の状況把握に努めること

                   
主な活動内容

1)委員会活動 医療安全管理対策委員会(月1回)→ ■焼津市立総合病院医療安全管理対策委員会設置要綱
医療安全院内カンファレンス(週1回)  
医療事故等対応委員会(不定期)→ ■焼津市立総合病院医療事故等対応委員会要綱
危機管理連絡委員会(月1回)  

2)インシデント・アクシデントレポート集計
 全職員より、現場でのインシデント・アクシデント発生を、コンピューターシステムにより報告
 ■令和3年度 インシデント件数 
 全てのインシデントより月1例を取り上げて、分析の上対応策を立て委員会で報告をし、院内イントラネットで職員へ周知しています。

3)職員への教育および研修会開催

 (1)全職員対象 (令和3年度)
日程 テーマ 講師 参加
人数
7月14日
学びーと
「診療録・看護記録の重要性」
 ー裁判事例からの学びー
SONPOリスクマネジメント株式会社医療・介護コンサルティング部
上級コンサルタント 山崎賢司氏
941人
2/9、2/21〜3/7
WEB開催
「患者・家族の立場から伝えたいこと〜医療事故被害者から医療対話推進者へ〜」 一般社団法人ヘルパーステーションとまり木代表理事 北田淳子氏 924人

 (2)医師、看護師等対象研修会
日程 テーマ 講師 参加
人数
6月16日 「医薬品の安全管理について」 薬剤科長 林豊 51人
9月29日〜10月30日
WEB開催
「気管切開チューブの概要と安全な使用について」 医療安全管理室長 竹原誠也
医療安全管理室師長 勝山公代
43人
10月13日 「安全な採血のために」
「輸血用血液製剤の取り扱い」
中央検査科 村松純一
中央検査科 田中里波
49人
11月10日 「危険予知トレーニング」 医療安全管理室師長 勝山公代 46人
1月19日〜31日
WEB開催 
「輸液ポンプ・シリンジポンプ使用方法について/MRI検査の安全性について」 臨床工学科 齋藤玲
中央放射線科 遠藤雅和
440人

 新人対象のオリエンテーション・研修医オリエンテーション(4月)、看護部新規管理者・看護補助者・看護師再就業準備者・新規看護補助者向け医療安全研修

4)医療安全管理対策マニュアル等の作成・改定
 マニュアル等7項目について内容検討し、改定

5)「医療安全推進月間」に関した活動(毎年11月)
 1.チェックバック復唱強化月間の実施(ポスター掲示、医療安全ラウンドで実施状況をチェック)
 2.新人フォローアップ研修「危険予知トレーニング」
 



ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図