焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 病院のご案内 >質の高い医療を目指して

病院のご案内

質の高い医療を目指して

栄養サポートへの取り組み(NST)

 NSTとは栄養サポートチーム(Nutrition Support Team)のことで、多職種の集団(チーム)により基本的医療のひとつである栄養管理を、症例個々や各疾患治療に応じて適切に実施することです。NSTメンバーは医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、検査技師、事務員など多職種にわたっており、各専門知識を生かして栄養管理をします。
 これにより治療効果が最大となることを目指し、平成16年4月から活動をしています。平成23年11月から栄養サポート室が設立され、高度な専門知識を研修した専任医師・看護師・薬剤師・栄養士が全病棟の高リスクの低栄養患者の栄養メニューを提案しています。重度栄養障害を伴う患者が多い中、NST介入を実施していくうち栄養改善とともにADLも向上し、退院される方が多いと評価をいただいています。さらに近年は重症化しない早期介入により、適切で効果的な栄養管理システムの構築に取り組んでいます。今後も今以上に、治療に役立てられる栄養サポートを実行します。


構成メンバー
 NST委員として医師、歯科医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、歯科衛生士、言語聴覚士、事務職、管理栄養士の合計11名です。更に、毎週実施しているNST回診では、専任の医師9名、薬剤師5名が加わり順番に担当しています。各病棟にはNSTリンクナースも配置して、NSTへの情報提供等を実施しています。


委員会内での役割分担
 委員会は、院内での勉強会を開催する「企画研修」、院内NSTマニュアルを作成し管理する「マニュアル」・「回診」の3班で構成されています。
 各々の職種の立場から、担当に分かれて活動しています。
 【回診】
 ・NST回診(週1回、火曜日か木曜日)を実施のための調整・病棟への連絡
 ・各病棟への栄養管理のアドバイス
 ・多職種の専門知識を活かした提案・意見を診療経過NST回診を実施し、チームの提案や意見を診療経過に繋げる

 【企画研修】
 ・治療に必要な知識や栄養療法のスキルを高めるための研修の企画と実施。
 ・院内採用の栄養補助食品の紹介やマニュアルの職員への周知

 【マニュアル】
 ・NST活動の標準化  
 ・NSTマニュアルや院内使用栄養剤の内容更新と利用促進の啓発 
 ・栄養評価方法の検討


主な活動内容
 ・NST委員会定例会議
 ・病棟回診、対象患者情報収集、症例検討
 ・マニュアルの整備
 ・リンクナース連絡会開催
■NST稼働マニュアル(PDFファイル:1,199kb)
■低栄養患者の診断基準(PDFファイル:29kb)
■院内使用経腸栄養剤一覧表(PDFファイル:678kb)
   
 
勉強会の開催(NSTセミナー)  
 ■令和3年度
実施月日 テーマ 講師 参加
人数
第1回 令和3年
7月6日
「栄養アセスメントの意義と実際」
「身体計測の必要性と看護師の役割」
「NSTと検査」
総合診療内科 池谷直樹医師
5A病棟看護師 小野田聖子
中央検査科 村松純一
38名
第2回 令和3年
10月20日
「摂食嚥下障害の食事ケア」
「経腸栄養剤の紹介と使用ポイント(薬品・栄養)」
「当院の食事 一般食と嚥下調整食」
リハビリテーション技術科 言語聴覚療法係 大石悠太
薬剤科 徳田ひふみ 
栄養科 淺沼千晶
36名
第3回 令和3年
11月2日
WEBセミナー・公開講座
「脳卒中の栄養管理」(WEB受講)
順天堂大学医学部附属
静岡病院脳神経外科診療部長山本拓史教授
36名
第4回 令和4年
2月3日〜
2月10日
(院内電子回覧板にて資料掲載)
「褥瘡と栄養」
「当院の食事〜特別食について」
「NST症例報告(2例)」
皮膚・排泄ケア認定看護師
河原崎まどか
栄養科 松尾紘生
研修医 三城道太郎
薬剤科 長谷川裕基

病棟でのカンファレンス様子
病棟でのカンファレンス
NSTセミナー
NSTセミナー
NST回診
NST回診
 

ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図