焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 病院のご案内 > 病院事業管理者・病院長あいさつ

病院のご案内

病院事業管理者・病院長あいさつ

病院事業管理者兼病院長あいさつ

 当初、協立焼津病院としてスタートした焼津市立総合病院は、焼津市内唯一の総合病院として市民の皆さまの健康を支え、信頼されてきました。

 当院は国、県より災害拠点病院、地域医療支援病院、静岡県地域がん診療連携病院、地域周産期母子医療センターなどに指定されており、地域医療の中核としての機能を果たしてまいりました。現在人口約14万人の焼津市には専門的な治療、手術や重症患者への対応が可能な施設が極めて限られています。こうした現状の中、当院では一次、二次はもとより一部の三次救急に属するものまで対応しており、この地区の救急医療において中心的な役割を担っています。当院の強みである周産期・小児医療や脳卒中などの分野については、焼津市に限らずより広域の志太榛原地区医療圏を支えてきました。

 一方、我が国では勤務医の大都会集中傾向が続いており、地方の公立医療を取り巻く環境はますます厳しくなっています。また医師の働き方改革についても正に喫緊の課題となっています。ここ数年、全国から多くの若手医師に当院初期研修プログラムに参加していただいています。今後は専門医を含む若手医師に対する教育・研修内容をさらに充実させ、同時に全職員にとって適切な労働環境の整備を図っていきたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。

                  焼津市立総合病院
                  病院事業管理者兼病院長  関 常司
 

ページの先頭に戻る




病院理念

『より良い医療の提供を行うとともに、市民の健康増進に貢献することで、市民の信頼に応えます。』

市民の信頼に応えるための病院基本方針

  1. 患者や家族の意思と権利を尊重し、安全・快適で、最善の医療を提供します。
  2. 患者・家族のプライバシーの保護に努めます。
  3. 常に最善の医療が提供できるよう、新しい医療の創造に努力するとともに、高度・先進医療を積極的に取り入れます。
  4. 医療の質、患者サービスの向上を目指し、職員の教育・研修に励みます。
  5. 職員の自主性・創造性を生かし、働きがいのある職場環境をつくります。
  6. 病院に対する市民の期待に末永く応えられるよう、財務面での経営の健全化に努めます。
  7. 市民の健康増進のため、啓発活動、予防活動に取り組み、健康なまちづくりに貢献します。
  8. 市民が必要な医療を受けられるよう、地域の医療機関と連携して、地域医療の向上に取り組みます。

「患者様の権利」を尊重する職員の誓い

 私たちは次に掲げる患者様の権利を尊重し、病院の理念と基本方針に基づいて、より良い医療を提供いたします。
1.人としての尊厳を保つ権利
 私たちは、医療・看護のあらゆる面で、その人の生命、身体、人格を最大限に尊重します。
2.良質の医療を受ける権利
 私たちは、あらゆる人に平等に、最善の医療と看護を提供します。
3.情報を知る権利
 私たちは、病状や検査、治療法などについて情報を提供し、十分な説明と助言をします。
4.自己決定権
 私たちは患者様が説明を十分理解したうえで、自らの意志で検査、治療法などを選択しあるいは拒否する権利を尊重します。
5.プライバシーが保護される権利
 患者様の個人情報とプライバシーの保護についての当院の基本方針を遵守し、医療の過程で得られる個人情報を患者様自身がコントロール(開示・訂正・利用停止)する権利を尊重します。

焼津市立総合病院職員一同

ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図