焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 病院のご案内 > 指定医療機関学会認定施設

病院のご案内

公的指定・学会認定・施設基準


公的指定

  • 保険医療機関
  • 国民健康保険療養取扱機関
  • 労災指定医療機関
  • 生活保護法指定病院
  • 養育医療指定病院
  • 原子爆弾被爆者一般疾病医療機関
  • 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律第12条第1項の規定に基づく指定医療機関
  • 初期被曝医療機関
  • 静岡県指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療)
  • 静岡県指定自立支援医療機関(精神通院医療)
  • 結核予防法指定病院
  • 特定疾患治療取扱病院
  • 小児慢性特定疾患治療取扱病院
  • 難病医療協力病院
  • 難病の患者に対する医療等に関する法律第14条1項の規定による指定医療機関
  • エイズ診療拠点病院
  • 地域周産期母子医療センター
  • 災害拠点病院
  • 救急告示病院
  • 静岡県特定不妊治療費助成事業指定医療機関
  • 日本病院会・日本人間ドック学会優良二日ドック施設
  • 臨床研修病院指定
  • 臨床研修協力施設
  • 病院機能評価認定病院
  • 地域肝疾患診療連携拠点病院
  • 静岡県地域がん診療連携推進病院
  • 地域医療支援病院
  • 臓器移植推進協力病院
  • 母体保護法指定医のいる医療機関
  • 身体障害者福祉法指定医のいる医療機関
  • 出入国管理及び難民認定法に基づく指定医の指定医療機関
  • 精神保健指定医のいる医療機関
  • 静岡県難病(脳脊髄液減少症)医療協力病院
  • DPC対象病院
  • 認知症疾患医療センター
  • 臨床検査精度管理に係る基幹施設

学会認定

  • 日本内科学会認定医制度教育病院
  • 日本神経学会専門医制度における准教育施設
  • 日本消化器病学会専門医制度認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設
  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
  • 日本核医学会専門医教育病院
  • 日本腎臓学会研修施設
  • 日本小児科学会小児科専門医研修施設
  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 呼吸器外科専門医認定基幹施設(関連施設)
  • 日本消化器外科学会専門医認定施設
  • 日本脳神経外科学会専門医認定制度研修施設
  • 日本脳卒中学会専門医認定制度研修教育施設
  • 日本整形外科学会専門医制度研修施設
  • 日本産婦人科学会専門医制度専攻医研修指導施設
  • 日本産婦人科学会生殖補助医療実施医療機関
  • 日本泌尿器科学会専門医教育施設
  • 日本透析医学会専門医制度認定施設
  • 日本形成外科学会認定施設
  • 日本眼科学会専門医制度研修施設
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
  • 日本病理学会専門医制度研修認定施設B
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本輸血・細胞治療学会 I&A認定施設
  • 日本静脈経腸栄養学会認定NST(栄養サポートチーム)稼働施設
  • 認定臨床微生物検査技師制度研修施設
  • 日本臨床細胞学会施設認定
  • 認定輸血検査技師制度指定施設
  • 日本口腔外科学会専門医制度認定関連研修施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会専門医制度認定施設
  • 日本周産期・新生児医学会周産期母体・胎児専門医指定認定施設
  • 日本周産期・新生児医学会新生児専門医指定認定施設
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施施設
  • 日本麻酔科学会麻酔科認定病院
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会認定エキスパンダー(二次再建)実施施設
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会認定インプラント(一次二期・二次再建)実施施設
  • 日本脳ドック学会認定脳ドック施設
  • 人間ドック健診専門医研修施設

施設基準

 施設基準とは、健康保険法等の規程に基づき厚生労働大臣が定めた保険診療の一部(【食事療養】・【基本診療料】・【特掲診療料】)又は保険診療外(【選定療養】)について、医療機関の機能や設備、診療体制、安全面やサービス面等が評価され、地方厚生局からの許認可を受けて患者様に保険請求又は実費徴収しているものとなります。
 当院では、下記の項目に関して、許認可を受けております。

〔平成30年2月1日現在〕
【選定療養】
名称 内容
特別の療養環境の提供
(病室の個室代金)
病棟の個室に希望入室された場合、個室代を実費徴収します。詳細は入院のご案内の「入院費用について」をご覧下さい。
保険医療機関が表示する診療時間以外の時間における診療
(時間外、休日、深夜加算の実費徴収)
緊急の受診の必要性がなく、自己都合により時間外診察を希望された場合、時間外加算等を実費徴収します。詳細は来院される皆さまへ・救急のご案内の「時間外診療費加算請求について」をご覧下さい。
病床数が200以上の病院について受けた初診
(特別初診料)
他の保険医療機関等からの紹介なしに受診された場合、特別初診料を初診時に実費徴収します。詳細は「来院される皆さまへ・当院を受診する前に」の「かかりつけ医からの当院宛の紹介状をお持ちください」をご覧ください。

【食事療養】
名称 内容
入院時食事療養(T) 常勤の管理栄養士を配置し、適時・適温の食事提供を行う体制を整えていること、また、患者様の病状により特別食を必要とする患者様には、適切な特別食を提供していること等が評価されたものです。

【基本診療料】
名称 備考
歯科外来診療環境体制加算 歯科の特性に配慮した、総合的な歯科医療環境の整備に向けた取り組み(常勤の歯科医師・歯科衛生士の配置、緊急時の医科診療科との連携等)が評価されたものです。
一般病棟入院基本料(7:1) 入院患者様7人に対し常時1人以上の看護師を配置していること、院内感染防止対策・医療安全管理対策・褥瘡対策に係る体制の整備等が評価されたものです。
総合入院体制加算3 地域の中核病院として、十分な人員配置及び設備等を備え、産科、小児科、精神科等を含む総合的かつ専門的な急性期医療をいつでも提供できる入院機能、及び地域の他の医療機関との連携体制に基づく外来の縮小等の勤務医の負担軽減の取組みが評価されたものです。
超急性期脳卒中加算 脳梗塞を発症した患者様に対し、発症後4.5時間以内に組織プラスミノーゲン活性化因子を投与することが可能な体制(脳卒中の診断・治療を担当した経験を10年以上有する常勤医師の配置等)が評価されたものです。
診療録管理体制加算2 診療録の管理体制(診療録管理責任者の配置、診療記録の全ての保管・管理等)を確保し、かつ、患者様に対し診療情報の提供を行っていることが評価されたものです。
医師事務作業補助体制加算1(25:1) 病院勤務医の負担軽減を図るため、医師の事務作業を補助する職員を配置していることが評価されたものです。病床数25床に対し1人以上の医師事務作業補助者を配置しています。
急性期看護補助体制加算(50:1) 一般病棟入院基本料(7:1)を算定している病院において、入院患者様50人に対し常時1人以上の看護補助者を配置していることが評価されたものです。
療養環境加算 病床の面積(内法による測定で1病床当たり8平方メートル以上)などの環境が評価されたものです。3B病棟、5B病棟以外の病棟で算定しております。
重症者等療養環境特別加算 重症者等の容態が常時監視できるような設備又は構造上の配慮がされていること、酸素吸入・吸引のための設備が整備されていること等が評価されたものです。
栄養サポートチーム加算 多職種のチーム(常勤医師、常勤看護師、常勤薬剤師、常勤管理栄養士等)による栄養管理への取組みが評価されたものです。
医療安全対策加算1 組織的な医療安全対策を実施していること(医療安全管理者が医療安全管理委員会と連携しつつ、医療安全に係る状況を把握し、分析結果に基づき業務改善等を実施していること)が評価されたものです。
感染防止対策加算1 院内感染防止対策を行った上で、院内に感染制御のチームを設置し、院内感染状況の把握、抗菌薬の適正使用、職員の感染防止等を行うことで院内感染防止を行うことが評価されたものです。
感染防止対策地域連携加算 上記「感染防止対策加算1」を算定する複数の医療機関が連携し、互いに感染防止対策に関する評価を行っていることが評価されたものです。
患者サポート体制充実加算 医療従事者と患者様との対話を促進するための一定の資格を有する者による患者様等に対する相談窓口の設置など、患者サポート体制を充実させるための具体的な対応策を準備し、患者様の不安解消に積極的に取り組んでいることが評価されたものです。
褥瘡ハイリスク患者ケア加算 専従の褥瘡管理者が、褥瘡予防・管理が難しく重点的な褥瘡ケアが必要な患者様に対し、適切な褥瘡予防・治療のための予防計画に基づく総合的な褥瘡対策を継続して実施していることが評価されたものです。
ハイリスク妊娠管理加算 ハイリスク妊娠管理を行うにあたって、適切な管理体制を整えていることが評価されたものです。
ハイリスク分娩管理加算 ハイリスク分娩管理を行うにあたって、適切な管理体制を整えていることが評価されたものです。
総合評価加算 65歳以上の患者様および40歳以上65歳未満で要介護者等該当が見込まれる患者様に対し、病状の安定後早期に、患者様の基本的な日常生活能力、認知機能、意欲等について総合的な評価を行い、その結果を患者様及びご家族様に説明することが評価されたものです。
データ提出加算2 厚生労働省が実施するDPC調査に関する「DPCデータ」が、正確に作成及び継続して提出していることが評価されたものです。
退院支援加算1 患者様が安心・納得して退院し、早期に住み慣れた地域で療養や生活を継続できるように、保険医療機関における退院支援の積極的な取組みや、医療機関間の連携等を推進していることが評価されたものです。
地域連携診療計画加算 患者様が安心・納得して退院し、早期に住み慣れた地域で療養や生活を継続できるように、地域連携診療計画を策定・共有した上で、医療機関間の連携を推進していることが評価されたものです。 
認知症ケア加算2 認知症患者様のアセスメントや看護方法等に係る適切な研修を受けた看護師を各病棟に複数名配置し、身体疾患のために入院した認知症患者様に対する病棟でのケアを実施していることが評価されたものです。
精神疾患診療体制加算 身体合併症に対する入院治療が必要な精神疾患患者様の受入れや、精神症状を併せ持つ救急搬送患者様に対し精神科医が診療を行うことが評価されたものです。
ハイケアユニット入院医療管理料2
(HCU)
集中的治療が必要な患者様に対し、一般病棟より手厚い体制を整えている治療室で行う医療管理、診察及び看護が評価されたものです。5B病棟で算定しております。
新生児特定集中治療室管理料2
(NICU)
新生児特定集中治療室において、未熟児等重篤な状態の新生児に対して集中治療を行うことが評価されたものです。
新生児治療回復室入院医療管理料
(GCU)
新生児特定集中治療室の後方病床として、また、在宅での療養へと円滑に移行することができるよう、十分な体制を整えた治療室として新生児治療回復室を設置し、医療管理を行っていることが評価されたものです。
小児入院医療管理料3 小児科の常勤医師を5名以上、入院患者様7人に対し常時1人以上の看護師を配置し、地域における小児医療の確保を行っていることが評価されたものです。3B病棟で算定しております。
プレイルーム加算 常勤の保育師を1名以上配置し、プレイルーム(内法30平方メートル以上)を設置していることが評価されたものです。3B病棟で算定しております。


【特掲診療料】
名称 備考
高度難聴指導管理料 耳鼻咽喉科の常勤医師が、高度難聴の患者様に対して必要な療養上の指導を行うことが評価されたものです。
がん性疼痛緩和指導管理料 がん患者様がより質の高い療養生活を送ることができるよう、外来におけるがんの疼痛コントロールを含めた緩和ケアの質の向上や入院における緩和ケア診療の充実を行うことが評価されたものです。
がん患者指導管理料1 がんの継続治療を行う予定の患者様に、医師及び看護師が共同で、説明・相談を行うことが評価されたものです。
がん患者指導管理料2 がんの継続治療を行う予定の患者様に、医師又はその指示に基づいて看護師が、患者様の心理的不安を軽減するための指導を行うことが評価されたものです。
がん患者指導管理料3 がんの治療のため継続して抗悪性腫瘍剤の投薬又は注射を受けている患者様に、医師又はその指示に基づいて薬剤師が、投薬又は注射の前後に必要性等について文書で説明を行うことが評価されたものです。
糖尿病透析予防指導管理料 糖尿病患者様に対し、医師と看護師、管理栄養士等が連携する透析予防診療チームが外来において行う透析予防に資する指導や重点的な医学管理を行うことが評価されたものです。
地域連携小児夜間・休日診療料1 地域の小児科を専ら担当する診療所その他の保険医療機関の医師と連携をとりつつ、小児の救急医療の確保のために、夜間、休日又は深夜に小児の診療が可能な体制を保っていることが評価されたものです。
院内トリアージ実施料 夜間、深夜、休日の救急外来受診患者様に対し、患者様の来院後速やかにあらかじめ定めた院内トリアージ実施基準に基づき、院内トリアージを実施していることが評価されたものです。
外来放射線照射診療料 患者様の状態像や医療機関における治療提供時の体制を踏まえ、医師の指示による看護師や診療放射線技師等のチームによる、外来患者様に対する毎回の観察が評価されたものです。
ニコチン依存症管理料 ニコチン依存症と診断され、禁煙の希望がある患者様に対し、「禁煙治療のための標準手順書」に沿って、一定期間、禁煙治療を行うことが評価されたものです。
開放型病院共同指導料(U) 都道府県知事より地域医療支援病院として認定されていることが評価されたものです。
がん治療連携計画策定料1 がん診療連携拠点病院に準じる病院として、地域連携診療計画に沿ったがん治療に関わる他の医療機関との連携により、がん患者に対して地域における切れ目のない医療を提供していることが評価されたものです。
肝炎インターフェロン治療計画料 肝炎インターフェロン治療について、副作用の不安を解消するための詳細な説明や、長時間の通院が必要な患者様の利便性に配慮した専門医とかかりつけ医との連携による治療を継続しやすくする取組みを行っていることが評価されたものです。
排尿自立指導料 下部尿路機能障害を有する患者に対して、病棟でのケアや多職種チームの介入による下部尿路機能の快復のための包括的排尿ケアを行っていることが評価されたものです。
薬剤管理指導料 薬剤師が医師の同意を得て薬剤管理指導記録に基づき、入院中の患者様に対し投薬又は注射及び薬学的管理指導を行っていることが評価されたものです。
検査・画像情報提供加算及び電子的診療情報評価料 他の保険医療機関と連携し、患者様の医療情報に関する電子的な送受が可能なネットワークを構築していることが評価されたものです。
医療機器安全管理料1 特に安全管理の必要性の高い生命維持に直接関わる医療機器に対して、専門知識を有する臨床工学技士を配置していることが評価されたものです。
歯科治療総合医療管理料T、U 特定の全身疾患を有する患者様に対するかかりつけ医からの診療情報提供に基づく歯科治療による偶発症等の抑制に係る総合的医療管理を行っていることが評価されたものです。
在宅患者歯科治療総合医療管理料 う蝕や歯周疾患等の歯科疾患が一般の患者様に比べて重症化しやすい等、在宅歯科医療が必要な患者様に対し、よりきめ細かな歯科疾患の管理を行っていることが評価されたものです。
在宅患者訪問看護・指導料 鎮痛療法または化学療法を行っている在宅の緩和ケアニーズをもつ悪性腫瘍の患者様について、医療機関等の専門性の高い看護師と訪問看護ステーションの看護師が同一日に訪問を行うことが評価されたものです。
同一建物居住者訪問看護・指導料 鎮痛療法または化学療法を行っている在宅の緩和ケアニーズをもつ悪性腫瘍の患者様について、医療機関等の専門性の高い看護師と訪問看護ステーションの看護師が同一日に訪問を行うことが評価されたものです。
持続血糖測定器加算 外来・在宅で持続皮下インスリン注入療法を行う患者様に、持続血糖測定器を使用し、持続的に測定した血糖値に基づく指導を行うことが評価されたものです。
遺伝学的検査(注) 指定難病の診断に必要な遺伝学的検査に関して関係学会が作成した「遺伝学的検査の実施に関する指針」を遵守して実施していることが評価されたものです。 
HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定) 子宮頚部軽度異形成性の患者様に対し、HPV−DNA診断を行うことが評価されたものです。
検体検査管理加算(U) 臨床検査を担当する常勤の医師を配置し、院内検査を行い、検体検査管理を行う十分な体制を整備していることが評価されたものです。
心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算 循環器科の経験を5年以上有する医師を配置し、心臓血管外科の経験を5年以上有する常勤の医師が配置された他の保険医療機関と必要かつ密接な連携体制をとり、緊急時に対応可能な体制が評価されたものです。
皮下連続式グルコース測定 糖尿病の患者様の治療に際してインスリン抵抗性の評価、至適インスリン用量の決定等を目的として、皮下に留置した電極から皮下組織中のグルコース値を連続して測定することが評価されたものです。
神経学的検査 神経系疾患の診療を担当した経験が10年以上あり、所定の研修を修了した神経内科、脳神経外科の常勤医師を配置していることが評価されたものです。
小児食物アレルギー負荷試験 9歳未満の食物アレルギーをもつ患者様をより正確に診断し、不必要・不適切な食物除去が行われないよう検査を行うことが評価されたものです。
内服・点滴誘発試験 入院中の患者様に対して、貼付試験、皮内反応、リンパ球幼若化検査等で診断がつかない薬疹の診断を目的として、被疑薬を内服若しくは点滴・静注を行うことが評価されたものです。
センチネルリンパ節生検(片側)2 がん組織の近傍の乳房皮下・皮内に微量の放射性同位元素、色素を注射し、これらが最初に到達するリンパ節に関して放射性、着色の有無を識別し、部位や個数を確認する検査を行うことが評価されたものです。
CT透視下気管支鏡検査加算 気管支鏡下でX線透視とCTを組み合わせることにより、隠れた位置にある病変や微少な肺腫瘍の診断用検体を採取し、診断する検査を行うことが評価されたものです。
画像診断管理加算1 画像診断を担当する医師が、読影及び診断結果を文書により診療担当医に報告していることが評価されたものです。
CT撮影及びMRI撮影 64列のマルチスライス型CT装置、1.5テスラのMRI装置を使用し、CT撮影、MRI撮影を行うことが評価されたものです。
冠動脈CT撮影加算 64列のマルチスライス型CT装置を使用し、冠動脈を撮影した上で三次元画像処理を行うことが評価されたものです。
心臓MRI撮影加算 1.5テスラのMRI装置を使用し、心臓又は冠動脈を描出することが評価されたものです。
抗悪性腫瘍剤処方管理加算 外来の悪性腫瘍の患者様に対して、抗悪性腫瘍剤による投薬の必要性、副作用、用法・用量、その他の留意点等について文書で説明し、抗悪性腫瘍剤の適正使用および副作用管理にもとづく処方管理のもとに悪性腫瘍の治療を目的として抗悪性腫瘍剤を処方することが評価されたものです。
外来化学療法加算1 悪性腫瘍の外来患者様に対して、外来化学療法に係る専用室で悪性腫瘍の治療を目的として、注射の必要性、副作用、用法・用量、その他の留意点等について文書で説明し、抗腫瘍用薬等を投与することが評価されたものです。
無菌製剤処理料 特定の薬剤について無菌製剤処理(無菌室・クリーンベンチ・安全キャビネット等の無菌環境で、無菌化した器具を使用した、無菌的な製剤)を行った上で、特定の患者様に特定の注射を行うことが評価されたものです。
脳血管疾患等リハビリテーション料(T) 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血その他の急性発症した脳血管疾患の患者様等に個別でリハビリテーションを行うことが評価されたものです。
運動器リハビリテーション料(T) 上肢・下肢の複合損傷、脊椎損傷による四肢麻痺その他の急性発症した運動器疾患の患者様等に個別でリハビリテーションを行うことが評価されたものです。
呼吸器リハビリテーション料(T) 肺炎、無気肺、その他の急性発症した呼吸器疾患の患者様等に個別でリハビリテーションを行うことが評価されたものです。
がん患者リハビリテーション料 がん患者様の治療前あるいは治療後早期からリハビリテーションを行うことで、機能低下を最小限に抑え、早期回復を図る取組が評価されたものです。
集団コミュニケーション療法料 医師又は医師の指導監督の下で言語聴覚士が複数の患者様に対して、専用の集団コミュニケーション療法室(8平方メートル以上)にて訓練を行うことが評価されたものです。
歯科口腔リハビリテーション料2 顎関節症治療用装置(スプリント)装着患者様に対する訓練等を行うことが評価されたものです。
硬膜外自家血注入 脊髄液が硬膜から漏出している場合に、患者様から採血した血液を硬膜の外に注入し、漏出を止める技術が評価されたものです。通称「ブラッドパッチ」といわれるものです。
エタノールの局所注入(甲状腺に対するもの) 肝癌、有症状の甲状腺のう胞、機能性甲状腺結節、内科的治療に抵抗性の2次性副甲状腺機能亢進症等に対して、甲状腺にエタノールを局所注入することが評価されたものです。
エタノールの局所注入(副甲状腺に対するもの) 肝癌、有症状の甲状腺のう胞、機能性甲状腺結節、内科的治療に抵抗性の2次性副甲状腺機能亢進症等に対して、副甲状腺にエタノールを局所注入することが評価されたものです。
透析液水質確保加算2 使用する透析液の水質管理について、水質基準を満たした透析液を使用していることが評価されたものです。
下肢末梢動脈疾患指導管理加算 慢性維持透析患者様の下肢末梢動脈疾患について、下肢の血流障害を適切に評価し、他科と連携して早期に治療を行っていることが評価されたものです。 
磁気による膀胱等刺激法 骨盤底領域の神経の刺激を行う磁気刺激装置を用い、尿失禁を伴う成人女性の過活動膀胱患者様の症状の改善を目的として治療を行うことが評価されたものです。
組織拡張器による再建手術(一連に付き)
(乳房再建手術)の場合に限る
乳腺悪性腫瘍手術後に、乳房用の組織拡張器を挿入する手術を行うことが評価されたものです。
脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む。)
及び脳刺激装置交換術
慢性難治性疼痛又は振戦等の神経症状の除去若しくは軽減、てんかん治療を目的に脳刺激装置を植え込む(又は交換する)手術を行うことが評価されたものです。
脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術 慢性難治性疼痛の除去又は軽減を目的に脊髄刺激装置を植え込む(又は交換する)手術を行うことが評価されたものです。
乳腺悪性腫瘍手術(乳がんセンチネルリンパ節加算2を
算定する場合に限る。)
乳腺悪性腫瘍手術において、放射線同位元素又は色素を用いたセンチネルリンパ節生検を行うことが評価されたものです。
乳腺悪性腫瘍手術(乳頭乳輪温存乳房切除術
(腋窩郭清を伴わないもの)及び乳頭乳輪温存乳房切除術
(腋窩郭清を伴うもの))
乳房切除後の整容性を高めるため、乳頭と乳輪を残して乳房を切除する手術(腋窩のリンパ節を郭清する手術を伴う場合も有)を行うことが評価されたものです。
ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 乳腺悪性腫瘍手術後に、ゲル充填人工乳房を用いて乳房再建術を行うことが評価されたものです。
ペースメーカー移植術・ペースメーカー交換術 心臓にペースメーカー本体を植込む(又は交換する)手術を行うことが評価されたものです。
大動脈バルーンパンピング法(IABP法) 股動脈を切開してバルーンカテーテルを挿入し、心臓が拡張したときにバルーンを膨らませて心臓内の圧力をあげ、冠状動脈の血液が心筋に十分に行き渡るようにし、収縮時にはバルーンをしぼらせ、心臓からの血液の拍出量を増加させる手術を行うことが評価されたものです。
体外衝撃波胆石破砕術 体外衝撃波によって胆石を破砕する非観血的な治療を行うことが評価されたものです。
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 大腸早期癌または大腸ポリープと診断された場合、病変周囲の粘膜を切開し、高周波ナイフを用いて病変周囲を剥離して一括切除する手術を行うことが評価されたものです。
体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 体外衝撃波によって腎・尿管結石を破砕する非観血的な治療を行うことが評価されたものです。
腎腫瘍凝固・焼灼術(冷凍凝固によるもの) 経皮的または開腹、腹腔鏡下等において、小径腎悪性腫瘍に対し、高圧ガスをニードルに供給して低温を発生させ、ニードル周囲の生体組織を凍結・壊死させる手術を行うことが評価されたものです。
同種死体腎移植術 死体ドナーからの腎臓を移植する手術を行うことが評価されたものです。
生体腎移植術 生体ドナーからの腎臓を移植する手術を行うことが評価されたものです。
腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術 腹腔鏡を用いて膀胱全摘出手術を行うことが評価されたものです。
人工尿道括約筋植込・置換術 人工括約筋を体内に植え込み、尿道を物理的に拡張、閉鎖することにより排尿をコントロールすることで尿失禁の治療を行うことが評価されたものです。
腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 腹腔鏡を用いて数か所の小切開下に低侵襲の前立腺を摘除する手術を行うことが評価されたものです。
胃瘻造設術
(内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
経口摂取が不十分な患者等に、腹壁から直接胃内に到達する経路を造設し、栄養管理や胃内容の減圧を行う手術が評価されたものです。実施症例数が年間50件未満のため、所定点数を算定します。 
輸血管理料T 輸血管理体制の構築と輸血の適正な実施について評価されたものです。
輸血適正使用加算 輸血療法を安全かつ適正に使用するための医療機関での体制整備に関する評価がされたものです。
自己生体組織接着剤作成術 貯血式自己血輸血を用いて生体組織接着剤の成分を分離・採取し、手術時に止血のために混和して用いることが評価されたものです。
人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算 人工肛門等造設後の合併症等の予防のため、術前の画像診断や触診等により、腹直筋の位置を確認したうえで、適切な造設部位に術前に印をつけるなどの処置を行うことが評価されたものです。
胃瘻造設時嚥下機能評価加算 胃瘻造設術の際、嚥下機能評価等を実施することが評価されたものです。実施症例件数が年間50件未満のため、所定点数を算定します。
麻酔管理料(T) 常勤の麻酔科標榜医により、麻酔前後の診察を行う等、質の高い麻酔が提供されることが評価されたものです。
高エネルギー放射線治療  100万電子ボルト以上のエックス線又は電子線の応用で、直線加速装置又はマイクロトロン治療装置使用による照射療法を行うことが評価されたものです。
病理診断管理加算1 病理診断を専ら担当する常勤の医師を配置し、病理標本作製及び病理診断の精度管理体制、部検室等の設備や必要な機器等を有していることが評価されたものです。
口腔病理診断管理加算1 口腔病理診断を専ら担当する常勤の医師を配置し、病理標本作製及び病理診断の精度管理体制、部検室等の設備や必要な機器等を有していることが評価されたものです。

ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図