焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 診療部門のご案内 > 診療技術部 > 薬剤科

診療部門のご案内

診療技術部

 

薬剤科

患者さまへ  
 〜薬のことはお気軽にお尋ねください〜
薬の正しい使用(服用)についての情報
 患者さま向け広報誌「ひだまり」に掲載した、「正しい薬の使い方」から抜粋しております。
 薬を服用したり保管する上でご参考にしてください。

薬の服用説明


   ※PDFファイル
  1. 薬の形(剤型)と効き方の違い
  2. 薬の服用時間について
  3. 子供と薬について
  4. 坐剤の使い方と注意点
  5. 塗り薬(軟膏剤)の使い方
  6. 目薬の使い方
  7. 舌下錠(ニトロペン等)の使い方
  8. 眼軟膏の使い方
  9. 点耳薬の使い方
  10. 薬の使用期限(有効期限)について
  11. くすりが飲み込みにくく困っている方


「お薬手帳」の利用と携帯について
 お薬手帳を使用していると、服用してきた薬の内容を経時的に見ることができます。また、アレルギー歴や副作用歴の記載欄があり、救急または旅先で受診する場合や「かかりつけ薬局」以外で調剤を受けたときにも安心して薬を受け取ることが出来ます。入院時にも、大切な薬の情報になります。
お薬手帳
 その他、災害時などでカルテがない場合でも、「お薬手帳」があれば現在使用している薬がわかります。保険証と一緒に携帯することをおすすめしています。
 尚、「お薬手帳」は1冊にまとめることが大切です。その交付や詳しい説明は、「かかりつけ薬局」にご相談下さい。


                                               

                                        
院外処方箋の上手な利用について
「かかりつけ薬局」をもちましょう
「かかりつけ薬局」とは、調剤をしてもらう薬局を一ヶ所に決めることです。そこでは個人ごとに薬の服用歴を記録します。体に合わない薬で副作用が起きるのを予防する確認の充実、複数の医療機関で薬が処方された場合でも、重複投薬や相互作用を確認できるなど、より安心した服薬が可能となります。
 また、服薬困難な患者様やご家族の求めに応じ、処方医に確認の上、服薬管理が容易になる支援やご自宅に伺い対応する支援もありますのでご相談下さい。


ファックスを利用した分業
 院外処方せん専用のファックスコーナーを玄関ロビーに設置しています。希望する薬局に送信してください。薬局では、ファックスが届いてから調剤を始めるので、待ち時間の短縮につながります。また、薬を取りに行く日時も指定できますので、ファックスコーナー職員および調剤をされる薬局にご相談ください。
 薬の受けとりは、発行日を含めた4日以内に「処方せん」との引き換えになります。処方せんにも期限がございますのでご注意下さい。

※ ファックス送信をしても、処方せん実物の提出は必要です。薬局に忘れずお持ちください。
 院外処方箋FAXコーナー
院外処方せんファックスコーナー
 処方箋ファックス送信システム
処方せんファックス送信システム機械

一般名処方について
 2012年4月より、ジェネリック医薬品をさらに普及しやすくするために、処方せんの様式が新しくなりました。
 一般名で記載した処方薬について、ジェネリック医薬品か先発医薬品かを選択できるようになりました。
 詳細はかかりつけ薬局でご相談ください。


ジェネリック医薬品ってどんなお薬?
 新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に販売される先発医薬品と同じ有効成分、同じ効能・効果を持つ医薬品です。くすりイラスト
@ 先発医薬品より安価で経済的です。
A 効き目や安全性は先発医薬品と同等です。
B 欧米では幅広く使用されています。 (日本ジェネリック製薬協会文書より抜粋)
注意:特許が切れていない新薬には、ジェネリック医薬品はありません。

入院患者さまへ
 入院患者さまに対して、薬剤師が下記のような業務を行なっています。

焼津市立総合病院 薬剤科で実施している臨床研究について
 本院では、下記の臨床研究を実施しています。
 詳細については添付のファイルを参照下さい。




ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図