焼津市立総合病院

文字サイズ変更
サイト内検索
トップページ > 医療関係の皆さまへ > 医療研修用機器共同利用

医療関係の皆さまへ

医療研修用機器共同利用

医療研修用機器共同利用

 ふじのくに地域医療支援センター医師確保対策事業費補助金により購入した、研修訓練機器の外部利用を実施しています。

利用できる研修訓練機器
 ■中心静脈穿刺挿入トレーニングセット
  (CVC穿刺挿入シミュレーターU、血管アクセス用超音波診断装置)

 カテーテル挿入訓練、ランドマーク穿刺訓練、超音波ガイド下穿刺訓練など中心静脈穿刺挿入技術向上のための訓練機器です。
 

CVC穿刺挿入シミュレーターU
 

血管アクセス用超音波診断装置


 ■新生児蘇生法トレーニングセット   
  (ネオナブルーNRP新生児シミュレーター)

 胸部圧迫等の訓練、気管内挿管・吸引の訓練、中枢及び末梢チアノーゼに係る訓練、注射及び輸血等の静脈療法の訓練など新生児における様々な処置及び管理方法を学ぶための訓練機器です。

 

ネオナブルーNRP新生児シミュレーター

 ■その他
 1.採血・静注シミュレータ シンジョーU M50B

 2.シムマン エッセンシャル

 3.AEDトレーナ2

 4.万能型成人実習モデルさくらU

5.ALSスキルトレーナー ハートシム4000 6.マーゲンシミュレータMS-1形
7.リトルアン 8.男性導尿モデルM78
9.DAMシミュレータトレーニングモデルMW13 10.吸引シミュレータQちゃんM85

利用に関して
 @対象者 医療機関に属する医療従事者
 A利用時間 原則、年末年始を除く平日の9時から17時まで 
 B申込み 利用予定日の1ヶ月前までに、申請書を提出してください。
 Cその他 消耗品に関しては、原則、利用者の負担にて利用をお願いします。
機器の破損については、修理代を請求させていただく場合があります。
 D問い合わせ 看護科  電話:054-623-3111(代表)
E-mail:webmaster@hospital.yaizu.shizuoka.jp


ページの先頭に戻る
〒425-8505 静岡県焼津市道原1000番地
電話(054)623-3111/FAX(054)624-9103 地図